주요 기사 바로가기

「白くふくよかなキム・ジュエ氏…まともに食べられず頬がこけた北朝鮮住民ら憤怒」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.02.28 17:21
0
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の娘のジュエ氏が最近公式席上にしばしば登場していることと関連し北朝鮮の住民の間で不満が出ていると米政府系ラジオ・フリー・アジア(RFA)が27日に報道した。ジュエ氏の裕福な身なりが餓死と生活苦にあえぐ住民らの実状とかけ離れているという理由からだ。

平安北道(ピョンアンブクド)のある住民消息筋はRFAに「今月だけでも軍事パレード(2月8日)とスポーツ競技観覧(2月17日)に続き3回目の登場となったお嬢さま(ジュエ氏)の姿を注視した住民たちは『(ジュエ氏が)どれだけしっかり食べているのか、顔が白くて満月のようだ』という話を近い人同士でやりとりした」と反応を伝えた。

消息筋は「いま住民たちはまともに食べることができず頬がこけているのに。それなのに(ジュエ氏の)しっかり食べていい暮らしをする貴族の顔に華麗な服装がテレビでしばしば放映されるので腹が立って耐えられない」と話した。

 
平安南道(ピョンアンナムド)のある消息筋も「きのう愛するお嬢さま(ジュエ氏)がまた平壌(ピョンヤン)西浦(ソポ)地区の新しい通りの建設着工式に登場し最高尊厳とくわ入れをする様子がテレビで放映されたが住民たちは厳しい視線でこれを眺めていた」と話した。

続けて「住民らは宣伝メディアにしばしば登場するお嬢さまの白くふくよかな顔を見ながら、食べ物が不足し1日3食もまともに食べられない庶民の子どもの痩せ細った顔とあまりに違うとして怒りがこみ上げてくるという感情をそのまま表わしている」とした。

特に北朝鮮住民はジュエ氏の華麗なファッションとヘアスタイルなどに関心を持っているというのが消息筋の話だ。

14日にもジュエ氏の公開活動に対する北朝鮮住民らの好奇心と肯定的な関心が懸念に変わっているとRFAが伝えた。両江道(ヤンガンド)のある消息筋は10歳の女の子が白髪の幹部からあいさつを受けたり尊称を付けて称賛される姿をに対し「こうした行動は金日成(キム・イルソン)、金正日(キム・ジョンイル)もしなかったこと」という非難が出てきたと伝えた。

ジュエ氏が北朝鮮の大衆メディアに公式に登場したのは昨年11月の大陸間弾道ミサイルICBM発射現場だった。その後も金委員長とICBM開発・発射功労者との記念写真撮影行事、建軍節記念夜間軍事パレードなどに参加して話題を集めた。

ただこうしたジュエ氏の裕福な姿が食糧難により苦痛を味わっている北朝鮮住民らの反発を引き起こすというのがRFAの説明だ。

実際に北朝鮮の昨年の食糧生産量は451万トンで2021年に比べ3.8%減少し深刻な食糧難が予告された。

一部メディアは22日に北朝鮮消息筋の話として、「最近北朝鮮の地方教化所(刑務所)で収監者が生存のため集団脱出した」と報道した。報道によると、この2年間に北朝鮮の3カ所の地方教化所で収監者700人余りが餓死あるいは病死したものとみられる。教化所に配給する食糧まで不足し、それすらも北朝鮮の役人が着服して発生した結果と推定される。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「白くふくよかなキム・ジュエ氏…まともに食べられず頬がこけた北朝鮮住民ら憤怒」

    2023.02.28 17:21
    뉴스 메뉴 보기
    金正恩委員長の次女・キム・ジュエさん
    TOP