주요 기사 바로가기

<サッカー>韓国代表監督の更迭、しないのか、できないのか…カギは巨額の違約金(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.02.08 15:58
0
サッカー韓国代表のユルゲン・クリンスマン監督(ドイツ)の更迭を要求する世論が強まっているが、大韓サッカー協会はこれという決定を出せずにいる。数十億ウォン台という巨額の違約金が最大の障害として作用するとみられるからだ。

アジアサッカー連盟(AFC)アジアカップの日程をすべて終えたクリンスマン監督と韓国代表チームは8日夜、仁川(インチョン)国際空港に到着する予定だ。孫興慜(ソン・フンミン、トッテナム)など海外組は現地からそのまま所属チームに復帰し、趙賢祐(チョ・ヒョンウ、蔚山)らKリーガーが韓国に戻る。

韓国代表は歴代最高のラインナップという評価にもかかわらず、グループリーグからトーナメントまで苦戦を繰り返し、ベスト4で挑戦を終えた。バーレーンとのグループリーグ初戦(3-1勝利)を除いて快勝はなかった。この過程でクリンスマン監督の責任論が提起された。戦術と選手構成に変化を与えなかったことで核心メンバーの体力の負担が増え、試合中には指令塔として適切な解決策を見いだせなかったという批判が殺到した。

 
大韓サッカー協会は苦労してグループリーグを通過した直後、クリンスマン監督関連の非公開対策会議を開いたことが分かった。サッカー界の関係者は「敗退に備えて監督交代を含むプランBとプランCを用意する席だった」と伝えた。

韓国は決勝トーナメント初戦(16強戦)でサウジアラビアと、準々決勝でオーストラリアと相次いで120分間の激戦をし、共に勝利をつかんで4強入りした。しかし選手たちは体力が消耗した状態だった。精神力だけで持ちこたえるサッカーでは限界があった。

準決勝はクリンスマン監督の戦術的力量の素顔が表れた試合だった。後方からのビルドアップを担っていた金玟哉(キム・ミンジェ、バイエルン、ミュンヘン)の空白、MF朴鎔宇(パク・ヨンウ、アル・アイン)の不振など、韓国の戦術的問題点を正確に把握したヨルダンは終始、朴鎔宇にボールが渡るのを待って素早く取り囲んだ。ヨルダンの狙い通り朴鎔宇はミスを連発し、これまで迅速な判断と動きで危機を遮断してきたDF金玟哉が欠場した守備陣は、こうした状況に効果的に対応できなかった。

客観的な視点で「ベスト4」という成績を「失敗」とするのは無理がある。にもかかわらず専門家とファンが声を一つにして指揮官の交代を要求する理由は、アジアカップを通じて表れたクリンスマン監督の戦術的力量不足が2026北中米ワールドカップ(W杯)アジア予選にまで悪影響を与えるおそれがあるという懸念のためだ。

<サッカー>韓国代表監督の更迭、しないのか、できないのか…カギは巨額の違約金(2)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>韓国代表監督の更迭、しないのか、できないのか…カギは巨額の違約金(1)

    2024.02.08 15:58
    뉴스 메뉴 보기
    韓国サッカー代表のユルゲン・クリンスマン監督
    TOP