주요 기사 바로가기

韓国、今年1-9月に生まれた赤ちゃん17万7000人に…歴代最低

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.08 10:10
0
今年に入り9月までに韓国で生まれた赤ちゃんは17万人台で、歴代最低を記録した。

8日、韓国統計庁国家統計ポータル(KOSIS)によると、今年1-9月の累積出生数は17万7000人を記録した。これは1981年統計作成以来、最も少ない水準だ。

1-9月基準の出生数は1981年65万7000人を記録したが、その後は急減して2002年に30万人台に進入した後、2017年には27万8000人となった。

 
昨年は19万3000人で10万人台に落ち、今年はこれよりもさらに1万6000人減った。

女性1人が生涯に産むと予想される平均出生数を意味する合計特殊出生率も歴代で最も低い。

今年7-9月期の合計特殊出生率は0.70人で、1年前より0.10人減った。

年末になるほど出生児が減少する流れを考慮すると、今年10-12月期には史上初めて0.6人台に落ちる可能性もある。

来年は統計庁が展望した合計特殊出生率底点の年だ。

統計庁は2021年将来人口推計を通じて合計特殊出生率(中位シナリオ)が2024年最低水準である0.70人まで落ちた後、反騰する展望していた。

2031年1.0人、2046年には1.21人まで回復するという予想だ。

しかし底点は推計のたびにずれ込んでいるため、統計庁が近く出す予定の推計に関心が集まっている。

統計庁は2016年推計当時は合計特殊出生率が2016年1.18人で底を打った後、1.38人に上昇すると展望した。

3年後の2019年推計には2021年0.86人が底点で、その後1.27人まで上昇すると予想した。2年後の2021年推計では底点が2024年に変わった。

国会予算政策処は「統計庁は合計特殊出生率が底点以降に反騰して上昇すると推計ごとに展望したが、2015年以降の合計特殊出生率の実態は展望値を下回った」と指摘していた。

統計庁関係者は「コホート推計をする多くの国が合計特殊出生率が下がってから上昇するモデル」と説明した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国、今年1-9月に生まれた赤ちゃん17万7000人に…歴代最低

    2023.12.08 10:10
    뉴스 메뉴 보기
    [写真 pixabay]
    TOP