주요 기사 바로가기

教え子の女子中学生に性的暴行の教師…中国、死刑宣告直後に処刑

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.06 14:43
0
中国当局が教え子5人に常習的に性的暴行を加えた中学校の教師に死刑を言い渡し、当日、刑を執行した。

中国青年網など中国メディアは、湖南省邵陽市の中国人民法院が1日、ルンペイジュ被告(60)に対し、性的暴行、強制わいせつなどの容疑で死刑を言い渡したと4日、報じた。

報道によると、ルン被告は中学校で担任教師として勤務していた2016年から20年まで犯行を続けた。ルン被告は暴力・脅迫・懐柔などの手法で当時12-14歳だった女子中学生5人に繰り返し性的暴行をした。その後、被害生徒のうち3人は精神疾患に苦しみ、1人は自ら命を絶った。

 
邵陽市の人民法院はルン被告の罪が重大だと判断して1審で死刑を言い渡した。ルン被告は控訴したが、湖南省の高級人民法院はこれを棄却し、1審判決を維持した。そして最高人民法院から死刑執行の承認を受け、処刑を命じた。

人民法院は「法に基づき未成年者の合法的な権益を保護するのが私たちの方針」とし「未成年者を保護するのは私たちの責任であり、未成年者に向かう悪魔の手を決然と断ち、祖国の明日を守る」と判示した。

中国は未成年者を対する性犯罪を非寛容原則に基づき厳罰している。刑法は暴力などで脅して女性に性的暴力を加えた場合、3年以上10年以下の懲役となるが、被害者が満14歳以下の未成年者の場合は10年以上の懲役または無期懲役、死刑に加重処罰すると明示している。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP