주요 기사 바로가기

トコジラミ、2匹流入後120日が過ぎれば3000匹に…「完全駆除は不可」=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.06 11:56
0
韓国のペストコントロール企業セスコ(CESCO)がトコジラミを完全に駆除することは事実上不可能だと明らかにした。

5日、セスコはソウル江東区(カンドング)のセスコタッチセンターで開かれた記者懇談会で「トコジラミは防除難度が最も高い害虫」と話した。

セスコによると、トコジラミは吸血が起こるまで流入が分かりにくく、様々なルートを通じて随時流入する可能性があり、事実上完全に駆除することは不可能だ。

 
トコジラミ2匹が流入すれば120日後、約3000匹のトコジラミ・幼虫に増える。韓国国内のトコジラミ生息数はこの13年間で約16倍増加した。

セスコ側は「2013年からトコジラミ研究活動を始め、8段階の管理プログラムを開発した」として「トコジラミが広がりやすいマート、特級ホテルなど顧客を迎える施設のほとんどを管理し、トコジラミが拡散しないように事前に防除している」と強調した。

また「多重モニタリングを通じてトコジラミ発生の可能性を最低限にすることが重要だ」として「トコジラミが発生すれば卵が孵化するまで所要される9~10日程度を考慮し、一週間置きに少なくとも3回以上集中駆除を実施している」と説明した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    トコジラミ、2匹流入後120日が過ぎれば3000匹に…「完全駆除は不可」=韓国

    2023.12.06 11:56
    뉴스 메뉴 보기
    セスコタッチセンター飼育室。[写真 セスコ]
    TOP