주요 기사 바로가기

「牛肉かじるネズミ」撮られた…「おぞましくて死にそう」中国の火鍋食堂が炎上

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.03 09:41
0
中国で食品衛生問題がまた起きた。「小便ビール」と「コウモリ麻辣湯」に続き今度はある火鍋食堂の作業台でネズミが牛肉をかじる動画が公開されたのだ。

新京報とCCTVなど現地メディアが2日に伝えたところによると、議論は先月28日にあるフードデリバリープラットフォームに上げられた告発文と動画から始まった。あるネットユーザーが「(食堂で)肉をこのように放置した。おぞましくて死にそうだ」として火鍋食堂の衛生状態を告発した。動画には食堂の作業台に置かれた生の牛肉をネズミがかじる姿が写っていた。

動画はオンラインを通じ急速に拡散し、結局現地当局が調査を始めた。調査の結果、問題の食堂は中国浙江省温州市楽清市にある火鍋チェーン店と確認された。このチェーンは温州市だけで約10店を展開し、「当日に処理した牛肉を当日に販売」を強調していたという。

 
楽清市場監督管理局は問題になった食堂の肉類を押収して廃棄し、営業を中断させた。市場管理監督局は会見で「法律と規定に基づき厳重に処理する。食品安全を害する行為には非寛容の原則を適用する」とした。

火鍋チェーン店本社側もすべての店舗に警告文を発送し、厳格な消毒作業を実施するよう求めた。また、問題の加盟店に対する処罰を協議していると明らかにした。

中国の食品衛生議論は今回が初めてではない。10月には青島ビールの工場で従業員が原料に小便をする動画が公開され、11月には安徽省の精肉店で従業員が口を使って羊肉をさばく動画が登場した。また、ある大学食堂では料理から折れた注射針が発見されたほか、麻辣湯にコウモリと推定される異物が入っていたという動画も出てきた。



関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「牛肉かじるネズミ」撮られた…「おぞましくて死にそう」中国の火鍋食堂が炎上

    2023.12.03 09:41
    뉴스 메뉴 보기
    中国の国旗
    TOP