주요 기사 바로가기

「Fakerを見よう」海外観光客5万人、ソウル「ロールドカップ」経済効果2000億ウォン(1)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2023.11.25 12:23
0
「Fakerに3-0で敗れ、今度は孫興慜(ソン・フンミン)に3-0で負けた」。

21日、中国深圳ユニバーシアードスポーツセンターで行われたサッカー2026北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選C組第2戦で韓国代表が中国代表に完勝すると、、百度(バイドゥ)や網易(ネットイース)など中国ポータルサイトではこのようなコメントが相次いだ。19日にソウル高尺(コチョク)ドームで開催された「ロールドカップ」決勝で韓国のSKテレコムゲーム団T1が中国「WBG」を撃破したのが、代表チームのサッカー試合で負けたのと同じくらい衝撃を与えたということだ。ロールドカップとは、ゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(LoL)」の開発会社ライアットゲームズが開催するeスポーツ大会をいう。正式名称は「リーグ・オブ・レジェンド・ワールドチャンピオンシップ」で、毎年各国リーグを制した最強チームが集まって勝負を競う。正式略称は「ワールズ」だが、韓国ではeスポーツのワールドカップに該当するという意味でロールドカップという名称が広く使われている。ロールドカップが韓国で開催されたのは2018年以来5年ぶり、ソウルで決勝戦が行われたのは9年ぶりだ。

◆韓国チームT1が7年ぶり勝利、Fakerは4回優勝

 
ロールドカップの地位をよく表しているのが街頭応援だ。決勝戦当日の天気はマイナス0.3度まで落ちたが、1万5000人以上の観客が厚い上着とカイロ、マフラーで「武装」してソウル光化門(クァンファムン)広場に集まった。広場に設置された4つの大型スクリーンの前で観客は寒さも忘れてT1に熱烈な声援を送った。忠清北道清州(チョンジュ)から友人と一緒に来たという会社員イ・テウォンさん(31)は「W杯以来、本当に久しぶりに街頭応援に来た」とし「サッカーよりも多くの人たちが容易に接することができる趣味なのでより一層熱烈な応援になった」と話した。こうした熱気は競技場の九老区(クログ)高尺スカイドームでも感じられた。約1万8000席の入場券は前売り開始わずか10分で完売となった。

人気ガールズグループNewJeansが歌った今年ロールドカップ主題歌「GODS」とグループEXOのベクヒョンが参加した仮想アーティスト「HEARTSTEEL」の公演で幕を上げた決勝戦は、世界的スターのFaker(イ・サンヒョク、27)を中心とするT1がWBGを退けて7年ぶりの優勝が決まると、雰囲気がピークに達した。幼いころからネットカフェでLoLに接してきた10代・20代の青少年だけでなく、90年代末にスタークラフト、リネージュなどオンラインゲームを楽しんだ40代・50代も、子どもと一緒にソウル高尺ドームを訪れた。Faker、Zeus(チェ・ウジェ)、Gumayusi(イ・ミンヒョク)などLoLの伝説のような有名プロゲーマーを実際に見ようと、米国・中国をはじめとする海外ファンも韓国を訪問した。ライアットゲームズと業務協約を結んで今回のロールドカップを支援したソウル市によると、この1カ月間、ロールドカップを見るために韓国を訪れた観光客は累計5万人にのぼる。

シンガポールから来たチンさん(26)は「4年前からFakerが大好きになり、必ず一度プレーするところを見たかった」とし「今回も結局、重要な勝負どころで大活躍した」と語った。チンさんが話すようにFakerは「神の一手」と呼ばれる判断で勝利の主役になった。LoLは5人の選手がチームを組んで相手の本陣深くにある建物「ネクサス」を破壊すれば勝利するゲーム。トップ・ミドル・ボトムに3つの道にそって離合集散を繰り返し、時には1対1で、時には5対5で勝負を競う。長ければ1時間ほどゲームが続くが、今回の決勝は3セットまで毎セットが30分もかからないほどT1が圧倒的な実力を見せた。

「Fakerを見よう」海外観光客5万人、ソウル「ロールドカップ」経済効果2000億ウォン(2)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「Fakerを見よう」海外観光客5万人、ソウル「ロールドカップ」経済効果2000億ウォン(1)

    2023.11.25 12:23
    뉴스 메뉴 보기
    優勝を喜ぶT1の選手 [写真 ライアットゲームズ]
    TOP