주요 기사 바로가기

<野球>APBC出場の「若手」韓国代表、決戦地・東京入り

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.11.15 09:59
0
柳仲逸(リュ・ジュンイル)監督が率いる野球韓国代表が14日、2023アジアプロ野球チャンピオンシップ(APBC)開催地の日本・東京に到着した。APBCは韓国・日本・台湾・オーストラリア4カ国の国家対抗戦で、24歳以下またはプロ3年目以下の選手に限り出場が可能だ。2017年に開催された第1回大会では日本が優勝、韓国が準優勝した。

韓国野球は先月終わった杭州アジア競技大会で25歳以下またはプロ4年目以下の選手を中心に代表チームを構成し、大会4連覇を果たした。今回の代表チームも当時金メダルを獲得した文棟柱(ムン・ドンジュ)、盧施煥(ノ・シファン、以上ハンファ イーグルス)、金周元(キム・ジュウォン)、金亨俊(キム・ヒョンジュン、以上NCダイノス)、金慧成(キム・ヘソン、キウム)、尹橦熙(ユン・ドンヒ、ロッテ)、元兌仁(ウォン・テイン、サムスン)、郭彬(クァク・ビン、斗山)が主軸となる。

ただ、最終エントリーに含まれた選手のうち13日まで韓国シリーズに出場したLGツインズの投手・鄭又栄(チョン・ウヨン)、内野手・文保景(ムン・ボギョン)、KTウィズの投手・朴英賢(パク・ヨンヒョン)は日程上出場できなくなった。KTの姜白虎(カン・ベクホ)もわき腹の痛みのため除外された。

 
代わりにNCの投手・ 辛旻爀(シン・ミンヒョク)、ハンファの外野手・ 文賢彬(ムン・ヒョンビン)、SSGの投手・趙丙炫(チョ・ビョンヒョン)、ロッテの内野手・羅承燁(ナ・スンヨプ)が合流した。

柳仲逸監督は出国前、「杭州アジア競技大会で若い代表選手たちが自信をつかんだ。今大会でも優勝よりは意味のある経験をし、代表の世代交代を確実に進めることに焦点を合わせる」と述べた。

代表チームは6日に招集され、13日までに大邱(テグ)のサムスン・ライオンズパークで合同練習をした。柳監督は「アジア競技大会では練習期間がほとんどなかったが、今回は1週間ほどの時間があった。選手たちのコンディションは悪くない」と伝えた。

今回のAPBC韓国代表の主将は内野手・金慧成(キム・ヘソン)が務める。金慧成は杭州アジア競技大会の代表チームでも主将を務め、20代の若い選手の求心点となった。

金慧成は「杭州で自信をつかんだ。うぬぼれることなく今回も好成績を残したい」とし「全体的に若い選手が多く、チームの雰囲気は本当に良い。この雰囲気が成績につながればいい」と話した。

続いて「大きくて良い球場で多くの観客の声の中で試合をすれば集中力も高まる。東京ドームで主力選手としてプレーするのは初めてなので必ず活躍したい」と語った。

韓国代表は15日に東京ドームで公式練習をした後、16日から3日間の予選フルリーグに入る。16日昼12時にオーストラリア戦、17日午後7時に日本戦、18日午後7時に台湾戦をそれぞれ行う。予選リーグで2位までに入れば19日午後6時開始の決勝戦で優勝を争う。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP