주요 기사 바로가기

<WBC>批判発言に遺憾表した韓国主将「同じ野球人だと思うが…」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.03.14 08:07
0
最後の国家代表として試合を終えた主将の金賢洙(キム・ヒョンス、35、LG)は後輩に申し訳ないという気持ちを伝えた。その一方で一部の野球界の先輩たちの発言に遺憾を表した。

金賢洙(キム・ヒョンス)は20歳の年齢で初めて太極(韓国の国旗)マークを付け、2008北京オリンピック(五輪)に出場した。その後15年間、代表チームで活躍した。しかしもう代表チームのユニホームを脱ぐ。13日の中国との最後の試合を終えた金賢洙は「私はこれで終わりだ。コリアのユニホームを着るのは最後」と語った。金賢洙は「もう年齢もあり、成績も良くなかった。若い選手たちがやってくれるだろう。今は退く時でないかと思う」と伝えた。

 
金賢洙は「選手たちはみんなよく準備をしてきたが、十分に実力を発揮できず残念だ。選手たちはみんな頑張り、監督も選手たちに合わせてくれた。主将として足りないところがあった。私が不足していて選手をうまく引っ張ることができず、良い成績を出せなかった。後輩たちは最善を尽くしてくれた。感謝している」と述べた。金賢洙は「選手を統率するよりも楽しめる雰囲気を作らなければいけなかった」と振り返った。

金賢洙は国際試合に特に強かった。ボールをよく見てミートする能力に優れ、慣れていない外国人投手との対戦でも力を発揮した。韓国代表として通算62試合に出場して残した成績は打率3割5分3厘(218打数77安打)、4本塁打、48打点。しかし今大会では9打数1安打に終わった。金賢洙は「胸が痛い。遊びに来たのかという声を聞かないように努力した。成績が出なければ非難されるのは当然だ。それでも実際にそうなると胸が痛み、後輩に申し訳ない」と語った。

金賢洙は「最年少だった時、若手の頃は重圧感がすごいと感じた。先輩たちと野球の試合をした当時の記憶が強く残っている」とし「良い先輩になれなかったことを本当に申し訳なく思う。緊張を解く雰囲気を作ることができず後悔している」と伝えた。

韓国野球が発展する方向に関する質問には「選手たちが負担を払拭することが最も大きな課題だ。準備の過程でも、試合でも最善を尽くした。勝てなければだめだという負担を抱かず、楽しめる環境を作ることが、選手に最も重要であるようだ。私も緊張し、選手も緊張した。緊張感の中で実力を発揮できなかっただけに、その部分をうまくできるようにしなければいけない」と答えた。

金賢洙は主将として選手たちに感謝の気持ちを表した。金賢洙は「選手、監督に感謝の言葉を伝えた。良い姿を見せられず申し訳なかった。(次に出る)選手は良い結果を見せることを願う。韓国野球が終わったのではない」と話した。

金賢洙は最後に内心を表した。金賢洙は「多くの人たちが応援してくれて、球場にも足を運んでくれた。私たちの結果に失望したはずだが、応援に感謝している」と述べた。

続いて「代表チームに来た先輩たちは慰労の言葉が多かったが、そうでない方もいて、あまりにも簡単に考えているようだった。そのような点が残念だった。同じ野球人だと思うと遺憾だ」と語った。野球界の一部から強い批判があったことに対する反応とみられる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <WBC>批判発言に遺憾表した韓国主将「同じ野球人だと思うが…」

    2023.03.14 08:07
    뉴스 메뉴 보기
    金賢洙
    TOP