주요 기사 바로가기

トコジラミ確認13件? 実際は300件だった…富川で数百匹の現場も=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.11.14 09:54
0
13日午前9時30分、京畿道城南市寿井区(キョンギド・ソンナムシ・スジョング)の旅館。旅館の依頼を受けたある防疫業者が1日に続いて2次防疫に入った。トコジラミ(南京虫)はキムさん(88)が7年間居住する部屋で今月初めに発見された。ベッドのマットと壁の間には小さな黒い排泄物とクモの巣に掛かったトコジラミの死体2匹が確認された。キムさんは「どこかで付いたのか、突然出てきたのか分からない」とし「1950年代にはトコジラミのない家はなかったが、米国製の薬を使用してから消えた。約70年ぶりにトコジラミを見た」と話した。

トコジラミ退治作業は3段階で進行された。高温の蒸気が出る機械を部屋の隅々にまで使用した後、トコジラミの特性に合わせて人の手が届かない隙間に殺虫剤塗布作業をした。続いてトコジラミ撲滅の最後の段階として燻蒸作業を行った。防疫業者のハン・ホ代表は「退治作業の前に最も重要なのが健康」とし「生活空間で害になる殺虫剤を無条件に噴射することはできず、スチームで撲滅した後、トコジラミが集まる隙間に薬をまき、最後に空間を密閉して燻蒸でトコジラミを窒息させるという3段階で防疫作業をする」と説明した。

ハン代表は「ソウルと仁川(インチョン)・富川(プチョン)・城南・安養(アンヤン)など首都圏だけでなく忠清南道(チュンチョンナムド)の公州(コンジュ)と牙山(アサン)、全羅南道(チョンラナムド)の木浦(モクポ)まで全国各地の宿泊施設、家庭からトコジラミ防疫依頼を受けている」とし「作業現場では多くのトコジラミと卵が発見されている」と話した。実際、富川のある宿泊施設では棚の後ろの壁面にトコジラミの卵と排泄物、脱皮殻が縦横およそ30センチの範囲に付いていて、数百匹の生きたトコジラミが発見された。

 
全国各地でトコジラミ関連情報が続くと、政府は3日、トコジラミ政府合同対策本部を発足させ、この日から12月8日までの4週間を「トコジラミ集中点検および防除期間」に決めた。宿泊・浴場業者、社会福祉施設、寮や矯正施設など脆弱施設のトコジラミ発生状況を集中的に点検することにした。ソウル・京畿・仁川など首都圏の自治体は各脆弱施設にトコジラミ防除自律点検を促す一方、トコジラミ発見時にはコールセンター(120番)または市・郡保健所に直ち知らせるよう呼びかけた。当初、公務員が直接現場を訪れる合同点検を計画したが、事業主の反発が多かったため10日に自律点検に変更したという。

国務調整室と行政安全部によると、今年9月8日から現在まで計32件のトコジラミ関連報告があり、うち13件で実際の発生が把握された。行政安全部は週単位でトコジラミ関連報告を集めて毎週火曜日に発表する計画だ。確認されたトコジラミ発生件数は13件にすぎないが、防疫業界では一日に平均30件以上のトコジラミ防疫依頼があり、作業の結果トコジラミが確認された事例が先月から現在まで300件にのぼるという立場であり、政府の集計と現場の乖離が大きい。

学界は国内で発見されているトコジラミが「外国産」とみている。1960年代にトコジラミ特効薬として知られたDDTと1970年代の住宅改良セマウル運動による練炭の普及でトコジラミが事実上撲滅したからだ。疾病管理庁に2014年から来月9月初めまで入ったトコジラミ関連報告は9件にすぎなかった。乙支大のヤン・ヨンチョル保健環境安全学科兼任教授は「トコジラミは法定感染病を伝播する媒介体ではないため報告の義務がなく、実際、トコジラミの発生と保健当局の集計は異なるしかない。事業主が自ら処理している状況」とし「実際の生活で不便をもたらす害虫であるだけに、当事者または防疫業者と自治体保健所の間に緊密な対応体系を構築して実態を正確に集計し、可能なら脆弱階層に防災費用も支援しなければいけない」と話した。

市販されている殺虫剤に耐性が生じて撲滅が難しくなったため、防疫作業が難しいという学界の研究もある。国内トコジラミが農薬としてよく使用されるピレスロイド系統殺虫剤に少なくとも1000倍以上の強い抵抗性を持つということだ。防疫業界でも従来の殺虫剤の効果が落ちるという意見が相次ぐと、環境部所属の国立環境科学院は10日、ネオニコチノイド系殺虫剤8種を専門防疫業者用として緊急承認した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    トコジラミ確認13件? 実際は300件だった…富川で数百匹の現場も=韓国

    2023.11.14 09:54
    뉴스 메뉴 보기
    防疫業者が13日午前、京畿道城南市の旅館で2次トコジラミ退治作業をしている。 ソン・ソンベ記者
    TOP