주요 기사 바로가기

避妊薬飲ませて事実婚女性の娘に性暴力繰り返した継父…7年間苦しんだ娘の悲劇=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.11.13 14:52
0
自殺を図るなど深刻な精神的苦痛を訴える事実婚女性の娘Bに避妊薬を飲ませて性暴力をした継父Aに懲役25年刑が言い渡された。

仁川(インチョン)地裁富川(プチョン)支院刑事1部(キム・ジョンア部長判事)が、事実婚女性Cの娘Bさんを相手に親族準強姦、未成年者強制醜行、児童虐待などをした容疑で起訴されたA被告に対して下した判決が12日、確認された。Bさんは5月にA被告が起訴された1週間後に死亡した。

判決文によると、A被告は2016年5月から2022年11月まで約5年6カ月間、Bさんに性暴力を繰り返した。A被告は当時小学生だったBさんが2週間ごと母Cに会いにくる時に性暴力をした。

 
A被告はBさんが自分に経済的、精神的に依存している点を悪用した。A被告はBさんの母Cと2016年から事実婚関係を維持し、ピザ店を共に経営した。BさんもA被告に依存して暮らした。A被告は、しばらく離れて暮らした母Cに対する思いが強かったBさんの心理状態を把握・利用し、優越的な地位で被害者を抑圧した。

A被告はBさんと共に暮らすことになった2019年からさらに露骨に性暴力をした。A被告はBさんが性関係を拒否すれば外出を禁止し、家庭の雰囲気を険悪にした。家族と離れて暮らすつもりかと言って被害者に反抗と抵抗をあきらめさせた。未成年のBさんに酒とたばこを勧め、性暴力も繰り返した。特にA被告はBさんと母Cとの酒の席でも性暴力をした。

BさんはA被告の性暴力を母に知らせたが、助けを受けることはできなかった。むしろ母Cは娘Bさんに対し、愛嬌を見せながらA被告の機嫌を取るよう勧めた。

Bさんが投身、自害など極端な選択を見せた後にもA被告はBさんに避妊薬を服用させながら性暴力を続けた。警察の捜査が始まってA被告の性暴力はなくなったが、Bさんの精神的苦痛は続いた。未成年のBさんは精神的苦痛から抜け出すためにA被告が勧めた酒とたばこに手をつけ、アルコール中毒で病院で治療を受けたりもした。BさんはA被告が起訴されてから1週間後、酒に酔った状態で屋上から落ちて死亡した。

裁判所は「転落死か自殺かは分からないが、長期間苦しんできた被害者の姿と無関係ではないとみられる」とし「被害者が生前に経験した苦痛と被害者の死を哀悼し、重刑に処するしかない」と判断した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    避妊薬飲ませて事実婚女性の娘に性暴力繰り返した継父…7年間苦しんだ娘の悲劇=韓国

    2023.11.13 14:52
    뉴스 메뉴 보기
    法曹界によると、仁川地裁富川支院刑事1部は親族準強姦、未成年者強制醜行などの容疑で起訴されたA被告に3日、懲役25年を言い渡した。 中央フォト
    TOP