주요 기사 바로가기

「この国の恥」…インドで女性2人を裸にして引きずり回す性暴力事件

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.07.22 10:36
0
インド東北部マニプール州の女性2人が全裸にされて暴徒に引きずり回されている映像が公開され、怒りの声が上がっている。マニプール州のメイテイ族とクキ族が衝突する過程で生じたのだ。5月から始まった双方の流血事態に沈黙してきたインドのモディ首相は「この国の恥だ」と述べた。

20日(現地時間)のBBC、CNNなどによると、この映像は5月4日にメイテイ族の暴徒がマニプール州カンポクピ地区のクキ族の村を襲撃した当時に撮影されたものだ。事件発生から2カ月過ぎた19日、ソーシャルメディアを通じてこの映像が広がると、インド警察は32歳の男1人など事件に関与した4人の容疑者を逮捕した。

マニプール州の関係者は現地メディアに「徹底的に調べている。死刑の可能性を考慮するなど加害者に対して厳正な措置を取る」と明らかにした。

 
事件はクキ族の男性と女性がメイテイ族の暴徒を避けて森に逃げている間に発生した。目撃者によると、当時、暴徒はクキ族の住居地を燃やして男性らを殺害した後、女性2人を攻撃した。

26秒の映像には加害男性らが路上で泣き叫ぶ女性の服を強制的に剥ぎ取って引きずり回す姿があった。原住民族長団体のITLFは声明を出し、「クキ族の共同体を対象に残酷行為が生じた」とし「女性が輪姦された」と明らかにした。

ミャンマーと国境が接するこの地域では5月から部族間の対立で混乱している状態だ。マニプール州の人口の半分を超えるメイテイ族は大半がヒンズー教徒だ。山岳地帯に住む少数部族のクキ族はほとんどがキリスト教を信仰している。

双方の対立で7月中旬現在まで130人以上が死亡し、約6万人の被害者が発生したと、BBCは伝えた。また今回の性暴力事件に関連して30人以上の男性が取り調べを受けていると報じた。

モディ首相は映像が公開された後、「この事件に強い悲しみと怒りを抱く」とし「インド市民社会の恥であり、罪を犯した人は処罰を受ける」と明らかにした。双方の争いに沈黙してきたモディ首相がこの問題に公式的に言及したのは初めて。モディ首相は「マニプール州の女性に起きたことは決して許されない」と述べた。インドの首都デリーの連邦議会では議員らがマニプール州の性暴力事件を追及し、公式日程が中断した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP