주요 기사 바로가기

38年ぶりに日本シリーズ優勝…阪神ファン、道頓堀にダイブ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.11.06 07:42
0
日本プロ野球で阪神タイガースが38年ぶりに日本シリーズを制した。数人の阪神ファンは優勝に喜んで道頓堀に飛び込んだ。NHKは5日午後10時までに7人の阪神ファンが道頓堀に飛び込み、負傷者はいないと報じた。

ユーチューブなどではこの日、道頓堀の状況がライブ中継された。映像では、男性が万歳しながら道頓堀に飛び込むと、周囲の人たちは拍手をしながら歓呼した。数人のファンは応援歌を歌って優勝の喜びを満喫した。

阪神はこの日、大阪京セラドームで行われた日本シリーズ第7戦でオリックス・バファローズに7-1で勝利した。阪神は4勝3敗で1985年以来38年ぶり、通算2回目の日本一になった。関西のチーム同士の59年ぶりの日本シリーズは阪神の優勝で終わった。

 
大阪の道頓堀では阪神が優勝すればダイブする伝統がある。阪神ファンは1985年の日本シリーズ優勝以降、ダイブだけでは足りず、KFC店の「カーネルサンダース」人形を放り投げた。その後、阪神の成績不振が長くなると「カーネル・サンダースの呪い」という言葉が生まれ、2009年に川底から人形を引き揚げた。

今年も9月にも阪神のセントラルリーグ優勝が決まると、警察の警戒の隙を見て約20人のファンが道頓堀に飛び込んだ。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP