주요 기사 바로가기

「財閥3世」再婚男性に対するデマに…フェンシング元韓国代表「強硬に対応」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.10.24 13:34
0
フェンシング元韓国代表のナム・ヒョンヒ(42)が15歳年下の事業家チョン・チョンジョ氏と再婚を発表してからチョン氏にまつわるデマが拡散したため、強硬対応の立場を明らかにした。

ナム・ヒョンヒは24日、インスタグラムを通じて「最近報道された記事を通じて、うそや悪意的または虚偽の内容が書かれた掲示文などにより虚偽事実が流布する場合、強力に対応していく予定」と伝えた。

ナム・ヒョンヒは前日、雑誌「女性朝鮮」とのインタビューで再婚についてあきらかにしながら「私が非難を受けるかもしれないと思った。私には11歳の娘がいて、チョン氏との年齢差が15歳で、経済的にも多くの違いがある」と話した。

 
メディアによると、2人は今年1月、ビジネス業務のためフェンシングを習いたいというチョン氏の連絡を受けて会うことになった。ナム・ヒョンヒは「初日のトレーニングのためにフェンシング場でチョン氏を待っていたところ、聞いていた歳の割に非常に若い人が警護員を同伴して入ってきて驚いた」とし「お金持ちの賢いご子息なのかと思った」と回想した。

また「2回目のレッスンの時に本人がフェンシング関連の事業をしようと思っているが一緒にやりたい気持ちはあるかとのオファーをしてきた」とし「話を聞いてみると事業案が非常に魅力的で、『これを断ったらバカだ』と思うほどだった」と話した。

メディアはチョン氏を米国生まれの財閥3世と紹介し、長く米国で過ごし、ニューヨークで乗馬を専攻していたと伝えた。乗馬選手として10代を送っている途中で大怪我をしたチョン氏は19歳で引退した後、韓国内外を行き来しながら倫理体育教育事業とIT事業を行っているという。

あわせてメディアは「現在、避けられない事情で明らかにすることはできない個人的なことや経営計画などはナム・ヒョンヒとの結婚式直前に直接明らかにする予定」と説明した。

該当の内容が報道されてから、チョン氏の過去に関する各種疑惑が提起され、一部ネット上ではナム・ヒョンヒにDM(直接メッセージ)を送って関連の内容を伝える人もいた。

ナム・ヒョンヒは自転車の元韓国代表コン・ヒョソクと2011年に結婚して娘1人をもうけたが、最近離婚の便りを伝えた。8月に離婚事実とともに「私と娘、家族に『真の盲目的な愛を』与えてくれる人ができた」とし、熱愛の便りを伝えていた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「財閥3世」再婚男性に対するデマに…フェンシング元韓国代表「強硬に対応」

    2023.10.24 13:34
    뉴스 메뉴 보기
    フェンシング元韓国代表ナム・ヒョンヒ。
    TOP