주요 기사 바로가기

日本を訪れた韓国人観光客、今年だけでもう490万人記録…圧倒的1位

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.10.19 09:37
0
9月に日本を訪れた外国人観光客のうち韓国人が最も多かったことが分かった。今年だけで489万4000人余りの韓国人が訪問している。

18日、日本政府観光局(JNTO)が発表した7月の訪日外国人数は232万600人でコロナ禍以前の2019年7月(299万1189人)の77.6%水準まで回復した。昨年同月比約16倍増加した数値だ。

特に韓国人が57万400人で最も多かった。続いて台湾人38万5300人、中国人32万5600人の順だった。中国政府は8月に韓国や日本などへの団体観光を許可したが、それでも先月日本を訪れた中国人数は2019年比40%水準ですぐには回復につながっていない。

 
韓国人は今年1~9月の累積訪問客数でも489万4000人余りで最も多かった。2位は台湾人で297万4000人余りだった。JNTOは「韓国は、日本側の水際規制緩和、日本各地へのチャーター便を含む地方路線の増便・復便、秋夕の連休等の影響もあり、訪日外客数は570,400人(対2019年同月比283.4%)であった」と説明した。

国土交通省観光庁は今年7-9月期の訪日外国人旅行消費額が1兆3904億円と暫定集計されたとこの日、明らかにした。2019年同期比17.7%増えた数値で、分期別では歴代最高値だ。こうした背景として、NHKは「日本を訪れる外国人の数の急速な回復や、このところ進んでいる円安など」を挙げ、「国や地域別で消費額の伸びが大きかったのは、フィリピンが2019年の同じ時期の2.18倍、韓国が2.09倍、シンガポールが2倍など」と伝えた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本を訪れた韓国人観光客、今年だけでもう490万人記録…圧倒的1位

    2023.10.19 09:37
    뉴스 메뉴 보기
    大阪道頓堀の韓国人観光客
    TOP