주요 기사 바로가기

<杭州アジア競技大会>韓国女子バスケットボールは韓日戦で完敗、決勝行き挫折…銅メダル巡り南北が激突

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.10.04 07:24
0
3日は韓国バスケットボール恥辱の日だった。アジア競技大会金メダルを目指して試合に臨んだ男女バスケットボール代表だったが、どちらも敗北を喫した。

チョン・ソンミン監督率いる韓国女子代表は3日、中国杭州オリンピック・スポーツ・エキスポセンター体育館で開かれた杭州アジア競技大会女子バスケットボール準決勝の日本戦で外郭シュートの乱調で苦戦した末、58-81の23点差で負けた。韓国は第1クオーター序盤に連続で失点して0-7で出発してからなかなか点差を縮めることができなかった。リバウンド戦は対等だったがスリーポイントが沈黙し、相手の強い圧迫でミスを連発した。第2クオーターに入り、日本の威力的な速攻とスリーポイントで連続失点して33-40で前半を折り返した。後半にも10点差以上の間隔が狭まらなかった。

センターのパク・ジスが18点9リバウンドを記録して奮闘したが、チームメイトの追加得点が足りなかった。スリーポイント本数(韓国15本、日本32本)と成功率(韓国3本成功20%、日本14本成功44%)で目に見える違いがあった。

 
東京オリンピック(五輪)銀メダルの主役12人のうち7人が合流した日本はスピードに富み組織的だった。国際バスケットボール連盟(FIBA)ランキング9位(韓国は13位)が物語るように、内・外郭のバランスの良さを前面に出して変化のある戦術で韓国チームを翻弄した。要所要所で強力なプレスディフェンスで相手を圧迫し、ラフプレーもためらわなかった。

銅メダル決定戦に臨むことになった韓国の相手は中国に44-100で完敗した北朝鮮だ。アジア競技大会でバスケットボール女子が初めて正式種目となった1974年テヘラン大会以来、南北がメダルを巡って激突するのは今回が初めてだ。5年前ジャカルタ-パレンバン大会で南北合同チームを構成した韓国と北朝鮮は先月29日、組別リーグで一度対戦している。当時18点13リバウンドを記録してゴール下を掌握していたパク・ジスの活躍で韓国が81-62で余裕の勝利をあげていた。

一方、チュ・イルスン監督率いる韓国男子代表は中国との準々決勝で、拙戦の末に70-84の14点差で完敗した。2014年仁川(インチョン)大会以来9年ぶりの頂点奪還を目指したが、2006年ドーハ大会以降17年ぶりのノーメダルとなった。4日、イランを相手に順位決定戦に臨む。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <杭州アジア競技大会>韓国女子バスケットボールは韓日戦で完敗、決勝行き挫折…銅メダル巡り南北が激突

    2023.10.04 07:24
    뉴스 메뉴 보기
    チョン・ソンミン監督
    TOP