주요 기사 바로가기

極端な選択の韓国小学校教師、日記には「すべてが手に負えない…息が詰まる」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.07.25 10:37
0
ソウル瑞草区(ソチョグ)の瑞二(ソイ)小学校で自ら命を絶って遺体で発見された教師Aさん(24)の日記に生徒の生活指導に対する困難を吐露する内容があったことが分かった。

ソウル教師労働組合は24日「遺族の同意を得て故人の日記の中で内容の一部を公開する」と明らかにした。Aさんが亡くなる約2週間前の今月3日に書いた日記だ。2年目の教師として瑞二小学校1年生の担任を引き受けたAさんは18日午前、校内で遺体で発見された。

日記には「金曜日から週末を経て無気力なたるみはあったが、それでも大変だと感じられるほどではなかった。月曜日出勤後に業務爆弾+〇〇の大騒ぎが重なり、ただすべてが手に負えなくなって手放したいという気がした」と書かれている。続いて「息が詰まった。食事中に手が震えて涙が出そうになった」とも書かれている。

 
「大騒ぎ」の前に書かれた文字は生徒の名前に見えると労組側は説明した。

ソウル教師労組は「故人が生前の業務と生徒問題など学校生活で困難を強いられていたという点が確認できる」とし「労組が情報提供を通じて生徒のうち(1人が)大声を上げるなどの行動をして故人が苦しんでいたという情況を明らかにしたことに一脈相通じる」と強調した。また、労組は「児童虐待の通報から教師を保護し、無分別な苦情から教師を保護する対策を速かに講じてほしい」と求めた。

一方、警察は故人にいわゆる「パワハラ」をしたという疑惑が持たれる瑞草小学校の保護者を呼んで調べた。

ソウル瑞草警察署は24日「先週末、いわゆる『鉛筆事件』の両側当事者である保護者を呼んで調査を終えた状態」とし「故人の携帯電話とiPadも提出してもらい、近いうちにフォレンジックを進める予定」と明らかにした。

「鉛筆事件」とは、Aさんが担任教師を引き受けているクラスで、ある女子生徒が前の席の男子生徒のかばんを鉛筆で刺していたずらをし、これを阻止する過程で男子生徒の額が鉛筆に引っかかれた事件だ。

これに先立って、ソウル教師労組は19日、声明で同僚教師の情報提供に基づいて亡くなった教師Aさんが「鉛筆事件」で保護者の苦情に苦しめられてきたと伝えた。その後、労組は21日「A教師に保護者が訪ねてきて『あなたには教師の資格がない』と言った」という内容の同僚教師の情報提供を追加で公開した。また「鉛筆事件」に関連した保護者が故人の個人携帯電話に数十通の電話をかけ、故人が休みが終わったら電話番号を変えなければと話したという証言があると主張した。

波紋が広がると、警察は瑞二小学校の教師約60人の全員を相手に、Aさんが自ら命を絶った背景について聞き取り調査を行っている。まず、Aさんと近かった同僚教師たちを呼んで一度調査を終えた。警察関係者は「すべての可能性を開いて必要な関係者を呼んで調べる計画」と話した。

また、教育部もソウル市教育庁、江南瑞草教育支援庁と合同調査団を構成し、Aさんの死亡経緯に対する集中調査を実施する計画だ。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    極端な選択の韓国小学校教師、日記には「すべてが手に負えない…息が詰まる」

    2023.07.25 10:37
    뉴스 메뉴 보기
    ソウル教師労働組合が24日、遺族の同意を得て公開したソウル瑞草区の瑞二小学校で亡くなった教師Aさんの日記の一部。「すべてが手に負えなくなり、手放したいと思った」「息が詰まる」などの内容が書かれている。[写真 ソウル教師労組]
    TOP