주요 기사 바로가기

韓国の家計負債規模と増加速度が世界2位…緩いDSR原因

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.07.18 10:02
0
昨年韓国の家計負債負担水準と増加速度が主要国のうち2番目に高いことがわかった。韓国銀行が2021年8月から基準金利を上げ始めて所得水準に対し貸付元金と利子が増えた影響だ。韓国銀行が基準金利を3.5%で据え置いて息抜きしているが停滞した家計負債が最近再び増加しており適切な管理が必要だとの指摘が出る。

国際決済銀行(BIS)が17日に明らかにしたところによると、昨年の韓国の家計部門の総負債元利金償還比率(DSR)は13.6%で、主要17カ国のうちオーストラリアの14.7%に次いで2番目に高かった。韓国の家計所得に対し返済しなければならない元利金の比率がそれだけ高いという意味だ。2021年にはノルウェー、デンマーク、オランダより低い5位だったがこの1年で3段階上昇した。また、2021年の12.8%と比較すると1年間で0.8ポイント上昇したが、増加速度もやはりオーストラリアの1.2ポイントに次いで急だった。

昨年韓国は強力な通貨緊縮により18年ぶりに負債縮小に成功した。預金取扱機関の家計向け貸付規模は2021年の1261兆4859億ウォンから昨年は1248兆11億ウォンに1.1%減った。これは関連統計が提供され始めた2003年以降で初めての減少だ。だが同じ期間に貸出金利(残高基準)は年3.01%から4.66%に上がり、借入者の利子負担は大きくなるほかなかった。

 
問題は今年に入り銀行住宅担保貸付を中心に家計負債が再び増加している点だ。3月まで減少傾向だった銀行の家計向け貸付が4月から3カ月連続で増加し、6月末基準の預金銀行の家計貸付残高は1062兆3000億ウォンで過去最大を記録した。

経済が成長し家計貸付規模が増えるのは一般的な現象だが、国内総生産(GDP)比の家計負債比率が80%以上の期間が長くなれば消費が萎縮し成長率が下落するという懸念が出てくる。韓国銀行が17日に発表した報告書「家計負債増加の原因と影響、軟着陸案」によると、韓国のGDP比家計負債比率は昨年末基準105.0%で、主要43カ国のうちスイスの128.3%、オーストラリアの111.8%に続き3番目に高かった。報告書はDSR規制が主要国に比べて遅く導入された上に、伝貰資金・中途金貸付などを例外と認定するなど相対的に緩い点を原因に挙げた。家計負債を減らすためにはDSR例外対象を縮小し、住宅担保貸付割合(LTV)が高かったり満期一時償還を選択するならば貸付金利を上げなければならないと提言した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国の家計負債規模と増加速度が世界2位…緩いDSR原因

    2023.07.18 10:02
    뉴스 메뉴 보기
    韓国の家計負債規模と増加速度が世界2位…緩いDSR原因
    TOP