주요 기사 바로가기

IMF、4カ国の家計負債に警告…韓国のDSR増加幅が最も大きい

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.04.13 07:17
0
国際通貨基金(IMF)が韓国経済に対する警報を相次いで鳴らしている。韓国の不動産プロジェクトファイナンス(PF)不良可能性を最近警告したIMFは最近の報告書で韓国の経済成長見通しを4回連続で引き下げたのに続き家計負債リスクまで警告した。

IMFが11日に発表した経済見通し報告書を分析した結果、韓国の今年の経済成長見通しは昨年4月の2.9%から昨年7月に2.1%、10月に2.0%、今年1月に1.7%、4月に1.5%と4回連続で下方修正された。米国、中国、日本など主要20カ国(G20)のうち成長見通しが連続で下落したのは韓国が唯一だ。世界の景気鈍化で輸出が振るわない状況で成長率反騰の契機をそれだけ見つけるのが難しいという見方が出ている。

しかもIMFが今回まとめた「世界金融安定報告書」で家計負債脆弱国と指摘された4カ国に韓国が含まれた。IMFはスウェーデン、ベルギー、フランス、韓国の場合、家計負債から始まったリスクが経済全体に広がっていると指摘した。その根拠として家計部門の総負債償還比率(DSR)を提示した。DSRは家計が一定期間返さなければならない貸付元利金が所得で占める割合を意味する。

 
IMFが国際決済銀行(BIS)の方式に基づいて算出した韓国の家計負債償還比率は昨年4-6月期に13.4%を記録した。IMFが家計負債健全性を点検した主要17カ国のうちオーストラリアの13.7%の次に高かった。韓国の家計は稼ぎのうち13%以上を負債と利子を返すのに使ったという意味だ。日本や米国、ドイツなどはこの比率が韓国の半分水準である6~7%台にすぎなかった。

2007年に米国のサブプライムローン不良で世界金融危機が起きてから多くの先進国は家計負債の「ダイエット」に出たが韓国は逆だった。

IMFの集計によると、韓国の家計負債償還比率は金融危機当時の2007年1-3月期の11.0%から昨年4-6月期には13.4%と2.4ポイント上がった。主要17カ国のうち上昇幅1位だ。スウェーデンが1.6ポイント、ベルギーが1.1ポイント、フランスが1.1ポイントと続いた。オーストラリアが16.7%から13.7%、米国が11.5%から7.5%、英国が12.6%から8.4%、スペインが10.2%から5.9%と強力な家計負債構造調整を展開したのと反対だ。

IMFは報告書で「(多くの先進国は)2000年代半ばから強化された住宅担保貸付準を適用し不良融資リスクを減らしており、家計負債償還比率もやはり2007年より低い水準を示している。ベルギー、フランス、韓国、スウェーデンのような国の場合、コロナ禍後に家計負債がむしろ増加し家計部門の脆弱性が拡大している」と診断した。

韓国銀行の統計を見ると、2007年末に665兆ウォンだった家計負債は昨年末に1867兆ウォンまで増えた。この期間の住宅担保貸付も344兆ウォンから1013兆ウォンに3倍近くふくらんだ。明知(ミョンジ)大学経済学科のウ・ソクジン教授は「大部分が信用ではなく住宅を担保にした貸付で、比較的所得と信用状態が良好な借入者の割合が高いため短期間に大きな危機につながる可能性は小さい。代わりに高金利による可処分所得減少で消費などマクロ的に景気萎縮が拡大するリスクがある」と評価した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    IMF、4カ国の家計負債に警告…韓国のDSR増加幅が最も大きい

    2023.04.13 07:17
    뉴스 메뉴 보기
    家計負債
    TOP