주요 기사 바로가기

韓国海洋水産特別委員会委員長、20日から汚染水阻止のために断食座り込み

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.06.20 09:49
0
共に民主党の尹才甲(ユン・ジェガプ)議員が、日本の福島汚染水放流阻止のために断食座り込みを始める予定だ。

民主党関係者によると、党海洋水産特別委員会委員長を務めた尹才甲議員が20日午前9時20分、国会本庁前で記者会見を開き、断食座り込みを始める予定だ。党福島原発汚染水対策団所属でもある尹議員は3月30日、福島汚染水の海洋投棄に反対して剃髪式を行い、4月には福島を直接抗議訪問した。

尹議員は19日、中央日報との電話インタビューで、政府の汚染水放流対策を批判した。尹議員は「政府の対策とは、地点と回数を増やして(汚染水を)測定するということだが、それでは放射能数値が上がればどのような方法を使うというのか」とし「国民に水産物を食べるなと言うのか」と話した。尹議員は、「政府が日本の汚染水放流を阻止するという立場を示すまで、国会本庁前で断食を続ける」と述べた。

 
第21代国会で民主党の現役議員が断食座り込みを行うのは今回が初めてだ。尹議員は「断食は一人で下した決定」とし「他の議員に余計に苦労をかけたくなかった」と伝えた。朴洸オン(パク・グァンオン)院内代表も尹議員の断食決定を尊重し「とても暑いのに大丈夫か」と心配したという。

民主党は尹議員の断食を契機に福島汚染水の放流に対する批判を強める予定だ。院内指導部が自主的に設けた党福島汚染水院内対策団は19日、国会で「1日1質問」ブリーフィングを開き「汚染水放流に対する懸念を払拭させる主体は汚染の責任者である日本政府でなければならない」とし「韓国政府は他の方法でも最も安い海洋放流を選択した日本政府に厳しく問い詰めるどころか、心配する人を敏感症患者や怪談流布者だと罵倒している」(イ・ソヨン院内報道官)と批判した。同日午前開かれた非公開最高委員会議では、民主党が進めている福島汚染水放流反対国民署名が前日(18日)100万人を突破したという報告があった。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国海洋水産特別委員会委員長、20日から汚染水阻止のために断食座り込み

    2023.06.20 09:49
    뉴스 메뉴 보기
    共に民主党の尹才甲(ユン・ジェガプ)議員
    TOP