주요 기사 바로가기

駐日韓国大使「日本、韓国国民に直接汚染水放流の安全性説得すべき」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.06.14 11:41
0
尹徳敏(ユン・ドクミン)駐日韓国大使が福島第1原発の汚染水の海洋放流と関連し「日本が韓国国民に直接安全性を説得する姿が必要だ」と明らかにした。

尹大使は14日に報道された時事通信とのインタビューで「韓国国民の健康と安全に関わる敏感な問題だ。(科学的な根拠を示して)国民を説得しようとしても理解しにくい部分がある」としてこのように話した。

また、先月訪韓した岸田文雄首相が汚染水問題について「韓国国民の健康や海洋環境に悪影響を与える形での放出は認めない」と話したことに触れ、「直接そういう話をしてくれることが国民を安心させる上で大事だ」と話した。

 
尹大使は韓日間の哨戒機へのレーダー照射をめぐる問題と関連しては「両者の立場は違うが、安保協力を深め信頼が高まれば、自然に解決できる。韓日は互いに米国の『核の傘』を含む拡大抑止をどうするか、共通の課題がある」として協力の必要性を強調した。

尹大使は「済州島や日本の温泉地など地方で気楽な気持ちで会談できればいい。ドイツ、フランスは大きな戦争を何度も経ながら、成熟した関係になった。韓日も独仏のような関係になるべきだ」と付け加えた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    駐日韓国大使「日本、韓国国民に直接汚染水放流の安全性説得すべき」

    2023.06.14 11:41
    뉴스 메뉴 보기
    尹徳敏(ユン・ドクミン)駐日韓国大使
    TOP