주요 기사 바로가기

韓国首相「日本の汚染水検証はIAEAの役割…韓国視察団は施設や手続きの確認」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.05.17 16:27
0
韓悳洙(ハン・ドクス)首相が日本に派遣する福島原発汚染水韓国視察団の役割は「汚染水処理施設や手続きに対する疑問点確認」になると話した。韓国の視察団が別途に汚染水試料を採取すべきという主張とは距離を置きながら国際原子力機関(IAEA)の専門性には信頼を送る形だ。

韓首相は17日に記者らと会い、福島第1原発視察団の役割と関連して「(IAEAの検証を)もう一度コンファームできる、そのような手続きや施設やそうしたことに対する疑問点を尋ねながら確認する手続きにならないだろうかと考える」と明らかにした。

汚染水試料採取問題に対しては「IAEAという原子力に対して最高の専門家らが日本の主権行為に深く参加しあらゆる過程と結果を見ており、そこに韓国など世界から4つの研究所が参加している。『日本のやることが信じられないからわれわれが採取して検査すべき』というのはIAEAがしていること。専門家の立場で見ればとその結果に合理性があるという判断が大きくないだろうかと思う」と話した。

 
福島汚染水対応特別作業班を総括しているパン・ムンギュ国務調整室長も「試料を韓国が採取することを許諾するのはちょっと…。なぜなら試料をIAEAと世界の研究所が共有して交差検証するのに韓国が個別に試料採取を要求するのは過度な側面がある」として韓首相の発言に説明を付け加えた。

韓首相「専門家らが行くので非専門家とは違うだろう。われわれが彼らの見方を信じたら良いだろう」と再度強調した。

韓首相は合わせて最近の欧州歴訪時にIAEAのグロッシー事務局長と会ってした話も伝えた。

彼は「事務局長は意志が強そうだった。彼は『数十年間蓄積した名声と専門性に外れるような決定は想像もできない』と話した」と伝えたりもした。

パン室長はこの日視察団から民間専門家が排除された理由も説明した。パン室長は「政府関係者は民間よりもさらに専門家でありうる。民間を信じられず排除したのではなく専門性において原子力研究院でもこうした人たちが十分な専門性を持っている」と強調した。続けて「民間は代表性問題のため複雑な問題がまた起きかねないと考える」とした。

一方、韓首相はこの日就任1年の所感も明らかにした。韓首相は尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権の労働・教育・年金3大改革国政課題について「改革課題の速度が遅いとは思わない。年金、教育、労働の3つにおいてどれも速度が遅かったり遅れているとは考えない」と評価した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国首相「日本の汚染水検証はIAEAの役割…韓国視察団は施設や手続きの確認」

    2023.05.17 16:27
    뉴스 메뉴 보기
    韓悳洙(ハン・ドクス)首相
    TOP