주요 기사 바로가기

梨泰院惨事の追慕空間問題で対立深化…ソウル市の代案要請に遺族側拒否

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.02.13 08:43
0
ソウル広場に奇襲的に焼香所を設置した梨泰院(イテウォン)惨事の犠牲者遺族にソウル市が追慕空間を建てる他の場所を提示してほしいと求めた期限が過ぎた。遺族たちは4日、焼香所が設置されたソウル広場以外に代案はないという立場であり、対立が続くものとみられる。

ソウル市は7日、梨泰院惨事犠牲者の遺族に「緑砂平(ノクサピョン)駅の他に追慕空間の代案を12日午後1時までに提示してほしい」と求めた。しかし、ソウル市側が提示した時間まで遺族側の回答はなかった。梨泰院惨事市民対策会議関係者は「ソウル市が追慕空間の代案に関連して遺族や市民対策会議と直接対話しなかった」とし、「ソウル市の一方的な通知にいちいち答える理由はない」と話した。

遺族側は、ソウル市が一方的にソウル地下鉄緑砂平駅地下4階を追慕空間に決め、遺族を追い詰めているという立場だ。協議会は声明文で、「(遺族が)公式に世宗路(セジョンロ)公園に焼香所を設置してほしいと要請したにもかかわらず、(ソウル市は)これを一気に断った」とし、「遺族の意思とは関係なく、砂平駅駅地下4階に焼香所を移すように無言の圧力をかけている」と主張した。

 
ソウル市は遺族の主張に真っ向から反論している。ソウル市の呉晨煥(オ・シンファン)政務副市長は7日のブリーフィングで「遺族側が具体的に龍山(ヨンサン)区庁内部と緑砂平駅を要求した」として「遺族側も(提案を)検討すると言ったが、全く疎通せず追慕空間を奇襲的に無断・不法設置した」と強調した。

ソウル市によると、遺族側の代理人は昨年12月21日、ソウル市に「追慕・疎通空間は梨泰院近隣地域の公共建物が良い」とし、2カ所(龍山区庁・緑砂坪駅)を先に要請したという。これを受け、呉副市長とソウル市・龍山区庁関係者が緑砂平駅を現場訪問し、近隣の商人会などの意見を聴取した。呉世勲(オ・セフン)ソウル市長も1月11日、緑砂平駅を訪問して必要事項に措置を取るように指示した。

ソウル市は任意に追慕場所の候補地を選んだのではなく、当時遺族側が先に提案したため、市長・副市長が緑砂平駅の現場を点検したという立場だ。真実をめぐる攻防が続くと遺族側は「緑砂平駅は昨年12月寒さを避けるための臨時場所で、追慕空間として決定したわけではなかった」と主張した。

両者の間隙がなかなか狭まらない中、ソウル広場焼香所の自主撤去期限が迫り、葛藤局面は激化する見通しだ。ソウル市は15日午後1時を(焼香所)自主撤去期限として提示した状況だ。当初ソウル市は2度目の戒告状を通じて8日午後1時を自主撤去期限としたが「遺族の悲痛な心情を理解する」として一週間延期した。これに対して梨泰院惨事遺族協議会は7日「厚かましい態度に怒りを禁じ得ない」としてソウル市との疎通中止を宣言した。

今月5日、遺族協議会のイ・ジョンチョル代表は「焼香所を撤去しに来る場合、ガソリンを準備して、その場でみんな子供たちについていく」と激しく反応した。6日から毎日追慕ロウソク文化祭を進めている遺族側は自主撤去期限である15日、ソウル市糾弾記者会見を開く案も検討している。

ソウル市は慎重に状況を注視している。ソウル市関係者は「法と原則に則って断固として行政代執行を行う必要があるが、色々な状況を考慮している」として「焼香所に対する世論も同じ」と話した。

ソウル市が9日、世論調査機関リアルメーターに依頼して満18歳以上のソウル市民1007人を対象に自動応答システム(ARS)方式の世論調査を実施した結果、回答者の60.4%が光化門・ソウル広場焼香所設置に反対した。「賛成する」は37.7%、「よく分からない」は1.9%だった。標本誤差は±3.1%ポイント(95%信頼水準)だ。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    梨泰院惨事の追慕空間問題で対立深化…ソウル市の代案要請に遺族側拒否

    2023.02.13 08:43
    뉴스 메뉴 보기
    梨泰院惨事犠牲者合同焼香所が設けられた大田(テジョン)市役所1階ロビーに故人を追悼する市民が後を絶たない。キム・ソンテ
    TOP