주요 기사 바로가기

韓国の青少年、犬食文化のため米国語学研修が座礁

ⓒ 中央日報日本語版2023.02.10 10:52
0
仁川市江華郡(インチョンシ・カンファグン)が青少年を語学研修のため米国に送ろうとしたが、韓国国内の犬食文化を嫌悪する現地の世論のため中止になった。

江華郡によると、江華郡は友好都市関係にある米ニュージャージー州パリセーズパーク市と昨年初めから青少年の語学研修に向けて準備を進めてきた。昨年12月に高校生12人に対して3週間の英語学習と文化体験の機会を提供する計画だった。

しかし昨年6月、パリセーズパーク市が突然、研修協力の中止を通知してきた。江華郡に食用犬の飼育場があるとして米国内で否定的な世論が形成され、中止を決定をするしかなかったというのが、パリセーズパーク市の立場だ。江華郡との交流拡大が韓国の犬食文化を擁護するように映りかねず負担を感じたということだ。

 
米国の動物愛護団体は国内の動物救護団体が犬の食肉処理疑惑を提起しながら撮影した映像をSNSで接した後、パリセーズパーク市に江華郡との交流中止を要請したという。

江華郡側は「犬食の件で現地研修がなくなったのは残念だが、文化的な違いとして理解するのが望ましいと考える」とし「海外研修は最近、場所をタイに変更して進めていて、パリセーズパーク市とは持続的に交流を拡大していきたい」と明らかにした。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国の青少年、犬食文化のため米国語学研修が座礁

    2023.02.10 10:52
    뉴스 메뉴 보기
    南楊州(ナムヤンジュ)にある食用犬農場の子犬 チョン・グォンピル記者
    TOP