주요 기사 바로가기

<サッカー>孫興民の前で「つり目」のチェルシーファン、また人種差別

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.18 14:42
0
イングランド・トッテナムのFW孫興民(ソン・フンミン、30)がまた人種差別を受けた。

孫興民が14日、チェルシーとのイングランドプレミアリーグ第2節でCKを蹴る前、スタンフォードブリッジの観客席でシャツを脱いだあるファンが孫興民に向けて自分の目を両側につり上げるジェスチャーをした。相対的に目が小さい東洋人を侮辱する時にする行動だが、中継画面にこの姿が映り、英ソーシャルメディアに広がった。

18日(日本時間)、スポーツメディアのジ・アスレチックは「チェルシーが孫興民に対する人種差別の可能性を調査している」と報じた。チェルシー球団はこの人物を確認する作業に入ったという。

孫興民に対する人種差別は今回が初めてではない。昨年4月、マンチェスター・ユナイテッドのスコット・マクトミネイが手で孫興民の顔を攻撃したのがVARで反則と判明し、得点が取り消された。一部のマンUファンは試合後、ツイッターに孫興民が過度な演技をしたと主張し、「犬肉でも食ってろ」「韓国ドラマで習った」「DVDでも売っておけ」と非難した。英警察の調査の末、孫興民に人種差別的なコメントを書いたマンUのファン12人が孫興民に謝罪の手紙を書いた。2018年10月に孫興民に人種差別的な発言をしたウェストハムのファンは184ポンド(29万ウォン)の罰金が科された。

2008年から2013年までドイツのハンブルクに所属した孫興民は10代の時に人種差別を経験したことも明らかにした。先月、孫興民は印象に残っている試合に2018年ロシアワールドカップ(W杯)のドイツ戦を選び、「若い頃はドイツで想像もできないほど大変な生活をした。人種差別も多かった。いつか必ず見返してやろうと思っていた。ドイツの人たちが泣く姿を見たが、自分が好きなことでやり返すことができた」と語ったのが、欧州でも反響を呼んだ。孫興民はFIFA(国際サッカー連盟)ランキング1位ドイツ代表との対戦で、50メートルを走ってゴールを決め、2-0の勝利でドイツに雪辱した。

孫興民だけでなくイングランドのウルバーハンプトンのFW黄喜燦(ファン・ヒチャン、26)も1日、ポルトガルの アルガルベで行われたSCファレンセ(ポルトガル2部チーム)とのプレシーズン試合で、PKを蹴る際にホームファンから人種差別にあった。黄喜燦はソーシャルメディアで「この世の中で誰もこのようなことを経験してはいけない」と指摘した。

ドイツのマインツのMF李在成(イ・ジェソン、30)は最近、ネイバーのコラムで「ホルシュタイン・キール(元所属チーム)のあるチームメートが『リー、きのう何を食べたのか。お前が入ってきてからニンニクのにおいがする』と言った。その時の衝撃と傷があまりにも大きく、練習場に行く前にかなりの香水をかけた。目を閉じずに開けという言葉もよく聞く。チームメートと一緒にいる時に人種差別的な発言を聞くと席を避けたが、今は問題の発言だと指摘する」と人種差別の経験談を打ち明けた。

安貞桓もイタリアのペルージャ時代にマルコ・マテラッツィからニンニクのにおいがすると言われた経験がある。ドイツのフランクフルトでプレーした車範根(チャ・ボムグン)は1979年、アバディーン(スコットランド)と試合中に英国の選手に唾をかけられた。

朴智星はイングランドのクインズパーク・レンジャーズ所属だった2012年、エバートンのファンから中国人を侮辱するチンク(chink)という言葉を浴びた。スコットランドのセルティックでプレーした奇誠庸(キ・ソンヨン)はボールを持つと、スコットランド・セントジョーンズのファンから猿の鳴き声を聞いた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>孫興民の前で「つり目」のチェルシーファン、また人種差別

    2022.08.18 14:42
    뉴스 메뉴 보기
    14日、スタンフォードブリッジでトッテナムの孫興民(ソン・フンミン)がCKを蹴る前、人種差別的な行為が発生した。チェルシーファンが孫興民(ソン・フンミン)に向かってつり目のジェスチャーを見せている。 写真=ツイッター キャプチャー
    TOP