주요 기사 바로가기

「金正恩、中国から朝鮮半島守るため在韓米軍が必要と発言」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.01.25 07:52
0
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が2018年3月、平壌(ピョンヤン)を極秘訪問した当時のマイク・ポンペオ米中央情報局(CIA)長官に対し、中国共産党の脅威から朝鮮半島を守るために在韓米軍が必要だという趣旨の発言をしたという。ポンペオ元米国務長官は24日(現地時間)、米国で出版された回顧録でこのように明らかにした。

回顧録によると、ポンペオ氏は2018年、CIA局長の資格で平壌(ピョンヤン)を訪問し、金委員長に会った。この席でポンペオ氏が「中国共産党は以前から『在韓米軍が韓国を離れれば金委員長は喜ぶはず』と主張している」と話すと、金委員長は「中国人は嘘つきだ。中国共産党から自分たちを守るために韓国内の米国人が必要であり、中国共産党は朝鮮半島をチベットや新疆のように扱うために米軍の撤収が必要だと話す」と答えたという。ポンペオ氏は「金正恩が(中国の脅威から朝鮮半島が)保護されることを望んだ」とし「朝鮮半島に米国のミサイルや地上戦力が増強されることを北朝鮮は全く嫌がっていない」と記録した。

回顧録には2018年6月12日にシンガポールで開催された米朝首脳会談での対話も詳細に伝えた。当時、トランプ大統領は金委員長に「エルトン・ジョンを知っているか」と尋ね、彼のヒット曲「ロケット・マン」に言及した。そして金委員長のあだ名「リトルロケットマン」を曲名にしたと語った。この言葉に金委員長を含む出席者の大半が笑い、金委員長は「ロケットマンはよい。しかしリトルはよくない」と冗談を言ったと、ポンペオ氏は振り返った。

2019年6月30日に文在寅(ムン・ジェイン)大統領とトランプ大統領、金委員長が板門店(パンムンジョム)軍事境界線で会った「板門店会談」のエピソードもある。ポンペオ氏は「当時、北朝鮮はもちろん米国も文大統領の同行を望まなかった」と強調した。ポンペオ氏は「(当時)私たちが直面すべき最も大きな挑戦について知っていた」とし「その挑戦とは文大統領が歴史的事件の一部になることを要求することだった」と伝えた。また「金委員長はトランプ大統領と2人で会うことを望んだ」とし「金委員長は文大統領のための時間も敬意もなかったため、我々は正しい判断をした」と回顧した。

◆バイデン大統領、北朝鮮人権大使を指名

ホワイトハウスは23日(現地時間)の声明で、バイデン大統領が国務省所属の外交官ジュリー・ターナー氏を北朝鮮人権問題担当特使に指名したと明らかにした。北朝鮮人権特使は2017年以降6年間ほど空席だった。ホワイトハウスによると、ターナー氏はフランス語と韓国語を話し、韓国系として知られている。ターナー氏は現在、国務省民主主義・人権・労働局で東アジア・太平洋担当課長を務めている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「金正恩、中国から朝鮮半島守るため在韓米軍が必要と発言」

    2023.01.25 07:52
    뉴스 메뉴 보기
    シンガポール米朝首脳会談の後、関係改善のために2018年10月に北朝鮮を訪問して金正恩国務委員長に会った当時のポンペオ米国務長官(右) [ポンペオ氏 ツイッター キャプチャー]
    TOP