주요 기사 바로가기

日本の美術館が所蔵するゴッホの「ひまわり」、返還訴訟起こされる…「ナチスに略奪されたもの」と主張

ⓒ 中央日報日本語版2023.01.18 10:52
0
ゴッホの作品「ひまわり」を所蔵するSOMPO美術館が絵の返還訴訟に巻き込まれた。

ブルームバーグが17日に伝えたところによると、SOMPO美術館が所蔵するゴッホの「ひまわり」に対し、この絵の最初の所有主とされるパウル・フォン・メンデルスゾーン=バルトルディの相続人が米イリノイ州連邦地裁に返還訴訟を提起した。彼らはSOMPO美術館に絵の返還とともに1000億円に達する損害賠償を支払うよう要求している。

メンデルスゾーン=バルトルディは1930年代のドイツの有名な銀行家で、ユダヤ人という理由でナチスドイツの迫害を受け、これにより1934年に「ひまわり」とともにピカソやモネの絵などを強制的に売却させられたためこれを返還すべきだというのが彼らの主張だ。相続人は「彼はナチス時代の犠牲者」と強調した。

 
「ひまわり」は1934年にフランスの美術商を通じて英国の収集家に売られ、1987年にロンドンのクリスティズでのオークションでSOMPOホールディングスの前身である安田火災が当時最高額となる53億円で購入した。絵は現在東京のSOMPO美術館が所蔵している。相続人は訴状で、「ひまわり」が売却された時に旧安田火災がナチスによって奪われた作品であることを知りながら購入し商業的利益を不当に得たと主張している。

一方、日本ではナチスドイツの迫害で略奪された作品が返還された事例もある。2001年に京都の清水三年坂美術館に所蔵されていたパウル・クレーの絵がユダヤ系ロシア人の遺族に返還されている。この作品は退廃美術とされて1937年にナチスによって没収された絵ということが明らかになり遺族の手に戻った。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本の美術館が所蔵するゴッホの「ひまわり」、返還訴訟起こされる…「ナチスに略奪されたもの」と主張

    2023.01.18 10:52
    뉴스 메뉴 보기
    オランダのゴッホ美術館が所蔵しているゴッホの自画像。[写真 メガボックス]
    TOP