주요 기사 바로가기

「青瓦台グラビア写真に日本の作品」元儀典秘書官の指摘に…与党要人「親日フレーム、うんざり」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.25 09:25
0
韓国文化財庁が韓服を広報するために最近VOGUE KOREAが青瓦台(チョンワデ、旧大統領府)で撮影した韓服ファッションのグラビア写真を巡り、政界の視線が交錯している。卓賢民(タク・ヒョンミン)元儀典秘書官が、国民に開放された青瓦台が最近ファッショングラビアの撮影場所として利用されたことを巡り批判を繰り返し、与党「国民の力」では「親日フレーム」に言及してこのような状況に対して反論した。

卓氏は24日、tbsラジオ番組『キム・オジュンのニュース工場』に出演し、「『韓服を広報するために撮影した』と説明したのに、他にもいろいろな服装もあり、しかも日本のアバンギャルド代表デザイナーである岡﨑龍之祐の作品もあった」と話した。

これに先立ち、文化財庁青瓦台国民開放推進団は前日の説明資料で「74年ぶりに国民に開放された青瓦台で韓服ファッション写真を撮影し、開かれた青瓦台を新たに紹介しようとした」とその意図を説明したことがある。

卓氏はこのような説明に対して「非常に率直ではない」と指摘した。

続いて「(写真を撮影したモデルの)ハン・ヘジンさんには何の過ちもない」とし「問題は政府の未熟さで芸術家や(芸術)集団の評判に害を及ぼすこと」と強調した。

卓氏は「文化財庁が管理主体になったのであれば(青瓦台も)文化財に準じた管理が必要な施設」としながら「文化財を行事空間として使うには審査を経るべきだが、それをしないで(政権が)任意に基準なく好き勝手に使っている」とも話した。

現政権が「青瓦台を開放した」という表現に対しても「青瓦台は持続して拡大・開放されてきた」とし「尹錫悦(ユン・ソクヨル)政府で青瓦台を閉鎖し、これをどのように活用するかも分からないまま放置した」と批判した。

これに対して、与党「国民の力」金炳旭(キム・ビョンウク)議員はこの日フェイスブックを通じて「青瓦台の開放は宮廷の『帝王的大統領』にピリオドを打つという尹錫悦大統領の歴史的決断であり不可逆的改革」としながら「『昌慶宮(チャンギョングン)の格下げ』を云々しながら写真1枚取り上げてレッテル貼りをしようとする卓氏のねじ曲がった心のほうがむしろ胸が痛い」と明らかにした。

金議員は「卓氏にとって青瓦台は『文在寅(ムン・ジェイン)王朝』時期に行き来した王宮だったか」とし「卓氏のような高邁な臣下が留まる時は高品格で、国民やモデルが乱して回る今は超低級ということか」と批判した。

金議員は「ウィンストン・チャーチルの出生地で有名な『ブレナム宮殿』は1954年英国で最初のディオールコレクションが開かれた場所であり、2012年フランス・ベルサイユ宮殿ではシャネルのファッションショーが開かれた」とし「写真コンセプトが残念だと思うけもしれないが、ファッション写真の撮影をちょっとやったからといって品格云々するのは偏狭で、羨ましいと思った時点で負け」と話した。あわせて「青瓦台開放すら親日フレームを同じようにかぶせようとしているようだが、うんざりする」と付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「青瓦台グラビア写真に日本の作品」元儀典秘書官の指摘に…与党要人「親日フレーム、うんざり」

    2022.08.25 09:25
    뉴스 메뉴 보기
    [VOGUE KOREA キャプチャー]
    TOP