주요 기사 바로가기

中国産「彩虹-4」と類似…北朝鮮の基地に不審な無人機

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.09 15:07
0
北朝鮮が米国のMQ-9「リーパー」のような長距離滞空型無人攻撃機を導入する可能性があるという分析が出てきた。北朝鮮平安北道亀城市(クソンシ)の方ヒョン(パンヒョン)空軍基地を最近撮影した商業用衛星写真で似た形の機体が確認されたと、米防衛産業専門メディアのディフェンスブログが7日(現地時間)伝えた。

翼の長さやデザインなどが中国産の無人攻撃機「彩虹(CH)-4」と似ていると、同メディアは分析した。中国航天科学技術(CASC)が生産するCH-4はレーザー誘導空対地ミサイルとGPS(衛星利用測位システム)誘導爆弾、米国のヘルファイアに該当する対戦車ミサイルなどを装着できる。最大任務高度は約8キロ、武装しない状態での滞空時間は約30時間。

MQ-9は1機あたりの導入価格が約3000万ドル(約394億ウォン、約41億円)であるのに対し、CH-4は200万-300万ドル(26億-39億ウォン)水準と推定される。こうした「価格性能比」が高い無人機として名声を得て、中東・アフリカなどの複数の国に輸出されたりした。軍情報筋は「北がCH-4を保有しているなら、中国からの直接導入よりも中東など第3国から入手した可能性が高い」と話した。

一部では「北が中国産を模倣して独自生産した可能性がある」という分析もある。政府筋は「最近まで弾道ミサイル発射場所として利用されてきた方ヒョン飛行場近隣には航空機生産施設もある」とし「ここで無人機を量産してテストしている可能性がある」と話した。

専門家の間では北朝鮮がこうした無人機を攻撃用として使用するのは難しいという見方が出ている。峨山政策研究院のヤン・ウク副研究委員は「空軍防空識別能力をみると、北がテロなどの用途で無人攻撃機を運用するのは難しい」とし「弾道ミサイルの精密打撃を誘導するための現代的な情報偵察能力を強化するために無人機を大量利用する可能性がある」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP