주요 기사 바로가기

恐怖の「トルコ無人機」 今度はロシア警備艇2隻撃沈…映像公開

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.03 14:33
0
ウクライナが2日、黒海のズミイヌイ島付近でトルコ製ドローン「バイラクタルTB2」を使ってロシア警備艇2隻を破壊したとし、映像を公開した。ウクライナはソーシャルメディアを通じて警備艇2隻を未明に破壊したという声明を出し、警備艇1隻が炎に包まれる映像を掲示した。

ウクライナ軍のワレリー・ザルジュニー総司令官は「バイラクタルが力を発揮している」と話した。

ウクライナ南側から約48キロ離れた黒海近隣のズミイヌイ島は戦略的要衝地。ロシア軍艦「モスクワ」から投降要請を受けたウクライナ軍がこれを嘲弄しながら拒否する返信を送った後に徹底抗戦したところだ。このためウクライナの抗戦の象徴的な空間となった。投降するよう呼びかけた「モスクワ」も先月沈没した。ロシア側は火災による事故だと主張するが、ウクライナはミサイルが命中したと明らかにした。

抗戦の聖地ズミイヌイ島近隣で沈没した警備艇は約20人の海兵と軍需品を輸送できるという。

バイラクタルTB2はトルコが誇る無人ドローン攻撃機。全長6.5メートル、翼幅12メートルで、レーザー誘導爆弾とロケット、対戦車ミサイルなど計4発のミサイルを搭載できる。最大離陸重量650キロ、搭載重量150キロ、運用範囲320キロ。このドローンは1機あたり約500万ドル(約6億4700万円)で、ウクライナは2019年からこのドローンを計50機購入して運用しているという。

バイラクタルTB2は今回のウクライナ戦争でも「ゲームチェンジャー」という評価を受けている。ロシアの装甲車とタンクの進撃を防ぐのに寄与した。英日刊紙テレグラフは「ドローンとミサイル技術が発展した中、戦車は高くて扱いにくいため価値が落ちるとみられる」と指摘した。警備艇を撃沈したことで、陸上だけでなく海上で力を発揮することを見せた。

バイラクタルTB2は2020年に発生したアゼルバイジャン・アルメニア紛争で活躍し、その名が知られた。当時、アゼルバイジャン軍隊はバイラクタルTB2でアルメニアのT-72戦車、BMP-2歩兵戦闘車両などを破壊した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    恐怖の「トルコ無人機」 今度はロシア警備艇2隻撃沈…映像公開

    2022.05.03 14:33
    뉴스 메뉴 보기
    ロシア警備艇を破壊した場面  ウクライナ軍 ツイッター キャプチャー
    TOP