주요 기사 바로가기

韓国地下鉄電車にグラフィティを描いて逃走した米国人…海外で逮捕

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.05 11:15
0
昨年9月、地下鉄車両基地に侵入して電車に「グラフィティ」(ペイントで壁などに描く絵や落書き、グラフィティとも呼ばれる)を描いて逃げた外国人男性2人に1人がルーマニアで捕まった。

仁川論ヒョン(インチョン・ノンヒョン)警察署は5日、共同建造物侵入と財物損壊の疑いが持たれている米国人A氏(26)が先月22日、ルーマニア警察に逮捕されたとし、ルーマニア政府にA氏の引き渡しを要請したと明らかにした。

A氏は9月24日午前3時ごろ、仁川市南洞区(ナムドング)のある地下鉄車両基地に侵入し、電車の外壁に横2メートル、縦1メートルの大きさで「WORD」というアルファベットの文字を絵で描いて写真を撮影した後、逃走した疑いが持たれている。

警察はA氏が共犯のイタリア人B氏(27)とともに同月11~23日にもソウル・大田(テジョン)・釜山(プサン)など全国6カ所の地下鉄車両基地に侵入し、電車の外壁などにアルファベット文字をグラフィティで描いたと見なしている。

警察は現場周辺の防犯カメラなどを確認した後、インターポールに赤色手配を要請し、A氏は先月22日ルーマニアで現地警察に逮捕された。B氏の行方はまだ確認されていない。

警察関係者は「法務部を通じて犯罪人引渡しの手続きを進めている」とし「ルーマニアが承認し、韓国に送還され次第に具体的な犯行の経緯などを調べる計画」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国地下鉄電車にグラフィティを描いて逃走した米国人…海外で逮捕

    2022.12.05 11:15
    뉴스 메뉴 보기
    9月24日午前、仁川市南洞区の地下鉄車両基地に侵入し、電車の外壁に「WORD」というアルファベット文字を絵で描いて逃走した疑いが持たれている米国人A氏(26)がルーマニアで逮捕された。写真はA氏が電車に描いたグラフィティ。[写真 仁川交通公社]
    TOP