주요 기사 바로가기

【韓国梨泰院圧死事故】手すりに引き上げ「もう一人だけ」…梨泰院で市民を救ったBJ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.01 10:17
0
アフリカTVのBJ(配信者)バッジターさんが29日、梨泰院惨事当時、市民を救助した事情が知らされた。

30日、BJバッジターさんは自身のアフリカTVチャンネルのお知らせを通じて「寝て起きましたが、一人で笑いながら放送することが難しそうです」として「私は明日までゆっくり休んで、火曜日には笑いながら放送できるように気を取り戻してきます」と明らかにした。

また「梨泰院事故当時けがした方々の早い快癒を祈り、残念ながら故人になられた方々のご冥福を祈ります」と付け加えた。

バッジターさんは前日、ハロウィンフェスティバルの生放送を進めるためにソウル梨泰院を訪問したが、事故が発生した路地に閉じ込められた。

バッジターさんの説明によると、彼は人波に完全に挟まれ、多くの人々が彼をはじめとする他の人々の足に踏まれた状態だった。バッジターさんも体に血が通じないことを感じ、一時的な呼吸困難を経験したりもした。

その時、ある市民の力を借りて路地の隣のビルの手すりに救助された。命を救われた彼は、気がついた後、人々を助けようと下の方にいる人々の手を握って引き上げ始めた。

手すりに一緒にいたある男性が「ここも危険だ、もうやめろ」と叫んだが、バッジターさんは「もう一人だけ助けよう、もう一人だけ」と市民を救助した。

このニュースにネットユーザーは「事故現場に直接いたのにどれほど怖かっただろうか、想像すらできません。大変だったらぜひ心理治療を受けてください」「病院でもぜひ行ってみてください。圧挫症候群というのがあり、長い時間体が挟まると起こるのですが、大変なことになるかもしれません。人を救った義人だから、罪悪感を持つ必要はありません」「本当にすごいと思います! 本当におかげでまだ世の中にいい人がいると感じました」「同じところで見たんですが、ありがとうございます。一緒に助けてくださって」「尊い命をたくさん救われました。本当にお疲れ様でした。あなたは大韓民国の英雄です」などのコメントを残した。

一方、29日午後10時15分ごろ、ソウル龍山区梨泰院路(ヨンサング・イテウォンロ)173-7ハミルトンホテル付近でハロウィンを控えて密集した人波が転倒し、大規模な圧死事故が発生した。

警察は31日午後2時基準で死亡者154人全員に対する身元確認を完了した。前日まで身元が明らかになっていない1人は、40代後半の韓国人女性であることが分かった。行政安全部・中央災難安全対策本部によると、死亡者154人は女性99人、男性55人だ。14カ国出身の26人の外国人死亡者が含まれている。負傷者は149人、重傷者33人、軽傷者116人だ。

政府は11月5日までの1週間を「国家哀悼期間」に指定し、龍山区を「特別災難地域」に宣布した。政府機関だけでなく民間側にも各種祭りやイベントの自制を呼びかけた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【韓国梨泰院圧死事故】手すりに引き上げ「もう一人だけ」…梨泰院で市民を救ったBJ

    2022.11.01 10:17
    뉴스 메뉴 보기
    29日、梨泰院惨事現場であるソウル龍山区梨泰院洞のハミルトンホテル付近の路地に閉じ込められ、隣のビルの手すりで救助されたBJバッジの姿。[アフリカTV映像 キャプチャー]
    TOP