주요 기사 바로가기

【コラム】危険社会=韓国

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2022.12.04 10:44
0
なんだかんだと問題も多く、人によっては見ないと宣言したりもしたワールドカップ(W杯)カタール大会がいつのまにか決勝トーナメントに差しかかっている。だがそれでも待っていた人たちがいるのでとても楽しく各国でW杯を観戦するのに熱気があふれる。もしかしたらW杯をはじめとする国対抗のスポーツ試合というのは平和な戦争に当たるのかと思うほど国家的プライドをかけた戦いであるようだ。

いずれにせW杯において韓国人に忘れることはできない記憶は2002年の韓日大会だろう。より先進国だった日本と一緒にW杯を開催することになった上に、だれも予想も期待もしていなかったベスト4進出の快挙を成し遂げたためだ。とても幼くて当時を覚えていない年齢でなければ全国民がゴールひとつに泣いて笑った記憶は鮮明だろう。最も刺激的だったのは一緒にした街頭応援だ。自発的に真っ赤なTシャツを着て顔に太極模様を描いたりもした。また、太極旗をあちこちに巻き付けたり、さらには服にして着たりもした。四拍子の拍手を添えて「大韓民国!」というスローガンを叫びどこであれ心から応援した記憶はとても新しいものであったし忘れられないものだ。

だがいまになって当時の光景を見ると危険なことこの上ない場面がたくさん見られる。浮き立った人たちがびっしりと歩道を埋め尽くし、その人波があふれて車道を占拠した。走る車の窓から体を出して激しく応援する人たちも見られる。手に太極旗を持ってハンドルから手をはなしてバイクに乗って疾走したりもする。保護者がサッカーに夢中になり応援の熱気で浮き立った夜道を子どもたちが歩き回っていたりもする。とても楽しくロマンチックで楽しいイベントの記憶だが、ともすると大きな事故が起こりかねない数日間だった。

振り返るとハラハラしたのはろうそくデモもやはり同じだ。それぞれの支持する陣営により評価が異なるろうそくデモそのものについて話しているのではない。とても多くの人が集まりとても危険だったかもしれない状況で大きな事故もなく無事だった経験について話しているのだ。通りをいっぱいに埋め尽くした人たちが、さらに火がついたろうそくを持って行進したり手を振りながらスローガンを叫んだり歌を歌ったりしなかったか。その一方で大事故がなかったことはとても幸いだ。

韓国社会はどんな状態が危険なのかという認識が弱い。人が通りにたくさん出て大事故がなかったという経験がもしかするとハロウィーンの事故にも影響を及ぼさなかっただろうか。当時は運が良かっただけで危険だったということを依然としてよくわかっていないようにみえる。出演者が写真や映像を見ながら楽しく2002年の街頭応援の記憶を交換する韓国の放送番組を見ていると、いまになってあんな場面は安全でないとか、あんな危ないことをしたら事故が起きたかも知れないなどの言及はない。もしかするとそんな話をしたら場を白けさせるといわれるかも知れない。

だが安全措置というものはしっかりやって何事もなくて当然で、雰囲気を押さえ込むことでもある。興奮した群衆が盛り上がり押されながら歩くイベントがある時、その空間に適切な人数を考慮して入れないようにしたり線を引くなどで直接通行を防いだりバスを迂回させ地下鉄を停車しないようにするなどの安全措置を取ればどうしても不便だ。楽しもうと出てきたのにどうしても興醒めするほかない。これまで何事もなかったではないかと漠然と大丈夫だという考えが強いならば、こうした措置に対し意味のない文句を言ったり費用と人材を浪費をすると不満を言う声が大きくなるのが常だ。だからと関連機関が抗議や非難を受ける負担を甘受してあらかじめ安全措置を取るほど安全に敏感でもなさそうだ。

この前通り過ぎたソウルのど真ん中、明洞(ミョンドン)の工事現場では資材が乱雑に積み上げられている中を人と車が混ざって通り過ぎ、片隅ではフォークレーンが回っていて工事を進める姿を依然として見ることができた。あれほど深刻な安全事故が起きてから長くない。安全が重要だとあれほど強調するが、事実そのような社会ならば工事が進められる間は該当区域の通行を止めて工事関係者以外の出入りを止めなければならない。なぜ道をふさがずこのように危険に通行させるのかあきれていたら、この路地を歩かなくてはならない人たちが不便だと不満を言って苦情を提起するだろうという返事が返ってきた。しかし何の安全措置もなく通行が許可されたその道を何気なく通って事故に遭うのが本人ならば、あるいは愛する人ならば。

事故の発生を防ぐためには結局危険に対する社会的敏感度を高めるしかない。こうしたことや状況は危険なことを多くの人が知り指摘しなければならない。ただ多くの人が死んで傷つく事故を体験しなければわからないことではない。こうした状況は安全でないという懸念の声を押さえ込んではならない。しかし便利さが、または収益が、他のどんな言い訳が安全よりも重要と考える社会は安全になれない。人が負傷し死ぬことが何より重要な問題と考えなければならない。梨泰院(イテウォン)で起きた事故に対して謝罪し責任を負わなければならない立場の人たちが明確にいるが、彼らがそうしても構わないと考えるようにさせたのは韓国社会でもある。

キム・セジョン/SSWプラグマティックソリューションズ弁護士

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP