주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>「スペインが故意の敗戦」 ブラジル避けるための陰謀説も

ⓒ 中央日報日本語版2022.12.02 09:30
0
スペインが故意に日本に敗れたという「陰謀説」が提起された。

スペインは2日午前(日本時間)、ハリーファ国際スタジアムで行われた2022カタールワールドカップ(W杯)E組第3戦で日本に1-2で敗れた。

しかしスペインは16強(決勝トーナメント)に進出した。ドイツと1勝1敗1分けで並んだが、得失点で上回った。スペインは日本に次ぐ組2位で16強入りした。第1戦のコスタリカ戦で7-0と大勝し、得失点差で余裕があった。

試合後、世界メディアが日本の奇跡に焦点を合わせて報道する中、英国のザ・サンはスペインの陰謀説を持ち出した。スペインが意図的に日本に敗れて組2位になったということだ。その理由はトーナメントでブラジルを避けるためだ。

ザ・サンは「余裕があるスペイン代表のルイス・エンリケ監督は日本戦が行われる前、トーナメントでブラジルを避けて決勝戦まで進む容易なルートを確保するため戦術的に組2位を考慮した」とし「偶然にも本当にそのように終わった」と報じた。

そしてスペインの競技力を強く批判した。ザ・サンは「このような計画のため、スペインの競技力はごみ箱に捨てられたように見えた」と評価した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>「スペインが故意の敗戦」 ブラジル避けるための陰謀説も

    2022.12.02 09:30
    뉴스 메뉴 보기
    歓呼する日本代表チーム (写真=FIFA SNS)
    TOP