주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>模倣で始めて元祖を倒した…ドイツに勝利した日本の進化

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.24 08:49
0
日本が「戦車軍団」ドイツに勝利し、カタールワールドカップ(W杯)舞台でアジア大陸に2勝目をもたらした。

日本は23日午後10時(以下、日本時間)、ドーハのハリファインターナショナルスタジアムで行われたドイツとのカタールW杯E組第1戦で、前半の失点による劣勢をひっくり返して2-1で逆転勝ちした。

前日にC組のサウジアラビアが「巨艦」アルゼンチンに2-1で勝って今大会初勝利をつかんだアジアは、日本が勝ったことで2日連続の白星を挙げ、勢いを継続した。韓国を除いたアジア4チームが1試合ずつ消化し、成績は2勝2敗だ。

日本は前半30分、ドイツにPKを許して失点した。ドイツのギュンドアンが軽く蹴り込んで先制ゴールを決めると、競技場の半分ほどを占めたドイツのファンが一斉に歓呼した。

その後、果敢な突破なく消極的な流れで前半を終えた両チームの試合は後半に大きく動いた。日本の交代カードが的中した。交代で入った堂安律が4分後に同点ゴールを決め、その8分後には浅野拓磨の逆転ゴールで試合をひっくり返した。競技場北側のスタンドを埋めて応援していた日本ファンの歓声が競技場に響いた。

一方、ドイツは4年前のロシアW杯グループリーグ最終戦で韓国に0-2で敗れたのに続き、カタールW杯初戦で日本に1-2で逆転負けし、アジアのチームを相手に2連敗となった。これを受け、スペインと組1位を争うという当初の計画にも支障が生じた。

日本のドイツ戦勝利には特別な意味がある。日本がプロサッカーおよび代表チームの競争力向上のためにさまざまなプロジェクトを稼働しながら参考にした国がドイツだ。ドイツのプロサッカーディビジョンシステムを徹底的に分析した後、1990年にJリーグをスタートさせ、代表チームの練習場および練習システムもドイツをモデルにした。

選手交流も持続的に行っている。Jリーグの舞台で頭角を現した選手を欧州に送るプロジェクトを進めながら前進基地とした舞台がドイツのブンデスリーガだ。偶然にもカタールW杯の舞台でドイツを相手に逆転勝ちを引き出した2人の日本選手は共にブンデスリーガの舞台でプレーしている。堂安律はフライブルクに、浅野拓磨はボーフムに所属する。

模倣から始めて元祖を倒した日本サッカーの勢いがどこまで続くかに関心が集まっている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>模倣で始めて元祖を倒した…ドイツに勝利した日本の進化

    2022.11.24 08:49
    뉴스 메뉴 보기
    歓呼する日本代表チーム (写真=FIFA SNS)
    TOP