주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>「ドイツの絶望…韓国戦敗戦の亡霊また現れた」 世界が驚く

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.24 08:02
0
「巨人を倒した」 (米スポーツサイト「ジ・ アスレチック」)、「ドイツがまたもショック」 (ESPN)、「日本がドイツに逆転勝ちした」 (BBC)。ドイツが日本に一撃を食らった。世界も日本の勝利に驚いた。

日本は23日(日本時間)、ドーハのハリファインターナショナルスタジアムで行われた2022カタールワールドカップ(W杯)グループリーグE組第1戦でドイツを相手に2-1で逆転勝ちした。E組でスペインと共に1位候補に挙がっていたドイツは不安なスタートになった。自信を表しながら「ベスト8が目標」と宣言した日本は、前日にアルゼンチンに勝利したサウジアラビアに続いて番狂わせを演出した。

米スポーツサイト「ジ・ アスレチック」は「W杯で優勝候補というのは何の意味もない。昨日はアルゼンチンが発見し、フランスもオーストラリア戦で先制ゴールを許しながら序盤に感じた。歴史、形態、サッカー血統はW杯でいかなる価値もない」と試合を評価した。

ドイツはこの日の試合で高いボール支配率(73.8%)を見せたが、ゴールは遠かった。ジ・ アスレチックは「支配率は王でない。ドイツは60分以上ボールを持っていたし、日本が前半戦で成功したパスは30回にもならなかった」と伝えた。

4年前のことが思い浮かんだ。ドイツは2018ロシアW杯でもアジアのチームに敗れた。1勝1敗で迎えた韓国戦で0-2で敗れた。現在のシステムが確立されて以降、初めてグループリーグ敗退となった。

ESPNは「過去を思い出すしかない。4年前に韓国に敗れた敗戦の亡霊がまた人々の言葉に出ている。ドイツとドイツ人には慣れている状況でない」と伝えた。BBCは「日本がドイツから歴史的な勝利をつかんだ」と伝えた。

毒舌家で有名な元選手のサッカー解説者クリス・サットンは「本当におかしなW杯だ。前半戦には日本が見えず、ドイツが統制した。ドイツは絶望し、日本が持ちこたえた。スペイン、ドイツ、コスタリカ、日本のE組は本当におもしろい」と話した。

一方、日本のファンはドイツ戦の勝利に大喜びだ。日本のネットユーザーらは「明日を公休日にしよう」と口をそろえた。サウジアラビアがアルゼンチン戦で勝利した後、国王令で23日を臨時公休日にしたからだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>「ドイツの絶望…韓国戦敗戦の亡霊また現れた」 世界が驚く

    2022.11.24 08:02
    뉴스 메뉴 보기
    2018FIFAロシアW杯F組第3戦の韓国-ドイツ戦で、得点後に喜ぶ韓国代表の選手たち。 カザン=イム・ヒョンドン記者
    TOP