주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>試合中に何度も孫興ミンを苦しめた「安物腕章」…ガーナ戦から変わる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.28 10:32
0
サッカー韓国代表の主将・孫興ミン(ソン・フンミン、トッテナム)が28日に行われるガーナ戦から新しい腕章を着用してプレーする。

大韓サッカー協会の関係者は26日、「FIFAが主将の腕章を新しく制作して出場32カ国に配ることにした。我々はガーナ戦の前日の27日に新しい主将腕章を受ける予定」と伝えた。

孫興ミンは24日(現地時間)、エデュケーション・シティ・スタジアムで行われたウルグアイとのカタールワールドカップ(W杯)グループリーグH組初戦に主将腕章を着用して先発出場した。

左腕に着用した腕章はあまりにも緩いため試合中に何度も落ち、取り替えた腕章も同じだった。結局、孫興ミンは腕章を手に握りながらプレーした。

今大会は2000億ドル(約260兆ウォン、約27兆円)を投入した「超豪華」大会で、砂漠の真ん中にエアコンが設置された競技場が建設され、花火が連日、都市の夜空を彩るなど産油国の「富」を誇った。しかし各チームの主将の腕から腕章が何度も落ち、サッカーファンの間では「安物腕章」という声が出ていた。

ポルトガルのクリスティアーノ・ロナウド(無所属)、スイスのグラニト・ジャカ(アーセナルFC)も似た状況に苦しみ、ドイツ代表の主将マヌエル・ノイアー(バイエルン・ミュンヘン)は23日の日本戦でハーフタイム中にテープで腕章を固定した。ノイアーはインタビューで「腕章があまりにも緩かった。良い会社が作ったものではないようだ」と不満を表した。

この腕章はFIFAが大会開幕前に突然「腕章キャンペーン」を実施しながら制作し、各チームの主将に着用させた。

FIFAは19日、国連傘下機関3カ所と協力して統合、教育、保健、差別反対などをテーマにしたキャンペーンを進め、グループリーグから決勝戦まで段階別にそれぞれの価値に合う特別な腕章を提供すると発表した。

イングランドやドイツなど欧州7チームの主将が着用しようとした虹色ハートと数字「1」が書かれた「ワン・ラブ(One Love)」腕章の「代替財」だ。

ワン・ラブ腕章はすべての差別に反対して性少数者と連帯するという意味を込めたものだが、FIFAは選手が使用する装備に政治的、宗教的な意味を内包した言葉やイメージが入ってはならないと規定している。これを理由にFIFAは自らのキャンペーンを通じて社会的意味を伝達するものの、ワン・ラブ腕章を着用する場合には警告を出すことにした。

これを受け、各国代表の主将は「世界を統合するサッカー」(#FootballUnitesTheWorld)、「差別反対」(#NoDiscrimination)などのスローガンが書かれたFIFA腕章を着用してグループリーグを行った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>試合中に何度も孫興ミンを苦しめた「安物腕章」…ガーナ戦から変わる

    2022.11.28 10:32
    뉴스 메뉴 보기
    2022カタールワールドカップのロゴ。
    TOP