주요 기사 바로가기

【韓国梨泰院圧死事故】俳優故イ・ジハンさんの母親「賠償金10兆ウォン? 考えたことない…真相究明を先に」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.23 06:57
0
梨泰院(イテウォン)惨事が起きて24日が過ぎた22日、遺族とけが人などに対する国家の賠償が話し合われるだろうという報道が一部のメディアから出た。これを受け、俳優として活動した故イ・ジハンさんの母親は「賠償金は考えたこともない。国が真相究明をきちんとしてくれることが遺族には本当に必要な部分」と話した。

イさんの母親であるチョ・ミウンさんは22日午後、KBSニュースとのインタビューで、息子を亡くしてから1カ月近く経っている時点での近況を伝えた。チョさんは「今も息子の部屋にボイラーをつけており、物は一つも触れていない」とし、わずか25歳で亡くなった息子イさんに対する懐かしい気持ちを表わした。

チョさんは「息子が『カムジ』というカメを育てていたが、代わりに餌をあげながら毎朝『カムジ、ご飯食べよう。でも今日あなたを育てていたお兄さんがいないんだね。今日からは私があなたにご飯をあげないと』と声をかけている。まだジハンが(世の中に)いないということは考えていない」とし、「それほど悲しみがまだ…(消えていないようだ)。私は正気ではないようだ」と打ち明けた。

また「実感がわかない。夜に靴の音がしたら『あら? この子が撮影を終えて帰ってきたのかなと思って眠ることもできず、幻聴に苦しむ」とも話した。

また、「『なぜ(梨泰院に)遊びに行ったのか』『親はなぜ捕まえられなかったのか』という悪質な書き込みが心に短剣のように刺さった。生徒は遠足に行き、大学生はオリエンテーションをし、わが大人たちは紅葉狩りに行き、皆(遊びに)行く自由がある。なぜ引き止められなかったのかなんて、大人をどうして引き止めるのか」と声を高めた。

チョさんは本人も息子を失ってとても悲しいが、遺族の中にはさらに大きな悲しみを感じている方々が多いとし「それでもジハンは名前でも知られているので私が立ち上がって惨事を(きちんと)知らせて、何でもしなければと思った」としてメディアに出た理由を説明した。

特に、チョさんは事件関連の真相究明がきちんと行われていないという点を批判した。

チョさんは「うちの子どもたちがなぜ死んだのか、何時に行ったのか、どの病院にいたのか、きちんと過程を知っている方が(遺族の中に)いない」とし「なぜ国がそのような具体的な過程さえ親に説明してくれないのか。政府が謝罪したというが、遺族は謝罪だと考えたことがない」と強調した。

また、遺族、けが人などに対する国家の賠償が議論されるという一部のメディア報道に関連しては「考えたこともなく、10兆ウォン(約1兆400億円)を受け取ってもそれが国家賠償に相応しい金額なのかと考えるほど」とし「遺族が心から望むのは、大統領室の心の込めた謝罪と追悼空間、きちんとした真相究明」と付け加えた。

一方、大統領室は同日、報道官室の公示を通じて「大統領室が遺族とけが人に対する補償のための特別法制定案を検討している」という一部メディアの報道を否定した。

大統領室は「まず梨泰院惨事の原因に対する徹底した捜査が行われ、その結果により責任者と責任範囲を明確にすることが優先」とし「そうしてこそ遺族が正当な法的補償を受けることができる」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【韓国梨泰院圧死事故】俳優故イ・ジハンさんの母親「賠償金10兆ウォン? 考えたことない…真相究明を先に」

    2022.11.23 06:57
    뉴스 메뉴 보기
    俳優故イ・ジハンさん[インスタグラム キャプチャー]
    TOP