주요 기사 바로가기

尹大統領、NSCに「韓日米安保協力の強化を協議」を指示

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.10.04 11:54
0
韓国国家安保室は4日午前、北朝鮮の中距離弾道ミサイル(IRBM)発射に関連し、龍山(ヨンサン)大統領室で金聖翰(キム・ソンハン)安保室長の主宰で緊急国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開催し、対応策を点検した。

国家安保室によると、国家安保室は尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領に関連内容を直ちに報告し、NSCの途中で会議場を訪れた尹大統領は関連状況の報告を受けて対応策を点検した。

出席者は、北朝鮮の中距離弾道ミサイル発射は国連安保理決議の明白な違反であり、韓半島および北東アジア地域をはじめ、国際平和を脅かす重大な挑発とし、これを強く糾弾した。

持続する北朝鮮の挑発は見過ごすことができず、代価が伴われるという点を明確にし、緊密な韓米協力を土台に国際社会とともに対北朝鮮制裁強化を含む多様な対北朝鮮抑制案を模索していくことで合意した。

参加者は最近、すべての北朝鮮の弾道ミサイル発射を韓国軍と韓米連合資産が直ちに探知・追跡したところ、北朝鮮のいかなる挑発も無力化させる徹底した態勢を確認した。

尹大統領は「北朝鮮の今回の挑発は国連の普遍的原則と規範に明確に違反したもの」と指摘し、厳正に対応していくことと米国および国際社会と協力して相応の措置を推進していくことを指示した。

また「北朝鮮の核・ミサイル挑発は韓日米を含む域内外の安全保障協力をさらに強化させるだけ」とし、米国の拡張抑制公約の強化と北朝鮮核・ミサイル対応に向けた韓日米安保協力の度合いを高めるための協議も指示した。

同日の緊急NSC常任委員会には、金聖翰国家安保室長、金大棋(キム・デギ)大統領秘書室長、朴振(パク・ジン)外交部長官、李鐘燮(イ・ジョンソプ)国防部長官、金奎顕(キム・ギュヒョン)国家情報院長、金基雄(キム・ギウン)統一部次官、金泰孝(キム・テヒョ)NSC事務処長、イム・ジョンドク国家安保室第2次長などが出席した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    尹大統領、NSCに「韓日米安保協力の強化を協議」を指示

    2022.10.04 11:54
    뉴스 메뉴 보기
    尹錫悦大統領が8月22日午前、龍山大統領室国家危機管理センターで乙支(ウルジ)NSC(国家安全保障会議)を主宰している。[写真 大統領室]
    TOP