주요 기사 바로가기

<サッカー>韓国、カタールW杯控え新代表ユニホーム公開、黄喜燦「鬼、鎧のイメージ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.19 15:50
0
「鬼と虎はどんな相手にも恐れず立ち向かうイメージだ。ユニホームを鎧のように着て試合に臨むことができ、誇らしい時間になりそうだ」。

サッカー韓国代表の新しいユニホームを着た黄喜燦(ファン・ヒチャン、26、ウルバーハンプトン)が19日、ソウル江南区(カンナムグ)Circle81で語った所感だ。黄喜燦は今年11月のカタールワールドカップ(W杯)で韓国代表選手が着る新ユニホーム公開行事に数人の男女代表選手と共に参加した。新ユニホームのキーワードは「鬼、虎、太極、韓流」だ。

スポーツブランドのナイキが公開したホームユニフォームのシャツは強烈な赤で、大韓サッカー協会のエンブレムとナイキのロゴは黒だ。ナイキは「強烈な赤は恐れる存在なく果敢に立ち向かう鬼をモチーフにデザインした。虎縞を形象化した柄を肩に加えて勇猛な力と気概を表した。また、シャツとパンツが接して完成する鬼の尾のグラフィックは情熱と闘志を表現する」と説明した。

黄喜燦は「肩の部分の虎柄は、選手たちが相手チームに立ち向かって力を発揮して突進するという意味だ。また上下を合わせて鬼の尾の形になるが、韓国チームの独特の表現であり魅力がある」と話した。

遠征ユニホームは黒色に青、赤、黄のプリントパターンが抽象画のように広がっている。ナイキは「空、地、人の調和を象徴する韓国の伝統模様の三太極を再解釈した。世界へ広がる韓流と虎柄を表している」と説明した。遠征ユニホームのサッカー協会のエンブレムとナイキのロゴは白だ。

遠征ユニホームを着た女子代表のエース池笑然(チ・ソヨン、水原FC)は「黄、青、赤など多彩なカラーは初めて。試合でホームユニホームを着て虎のダンスを、遠征ユニホームを着て三太極に合うダンスをしたい」と言って笑った。

韓国代表のパウロ・ベント監督は「ホーム・遠征ユニホームともにデザインが本当に美しい。チームにエネルギーを与えることを期待する。このユニホームと多くの時間を過ごすことになるが、幸運があることを望む。選手たちが動きやすいという点が重要だ」と述べた。

韓国サッカーの伝統と精神にスポーツ科学と持続可能性も加えた。ナイキの最先端技術素材ドライフィット(Dri-FIT)ADV技術を適用した。多くの選手のデータに基づき完成した素材をピクセル段階で設計し、身体から熱と汗が最も多く発生する部分の吸湿性と通気性を強化した。サッカー代表チームコレクションの75%はリサイクルプラスチックボトルから抽出した100%再生ポリエステルで制作され、環境が考慮された。

韓国代表のFW趙圭誠(チョ・ギュソン、全北現代)は「初めてオンラインでユニホームを見た時は(デザインを)少し疑った。実際に着てみると実物ははるかに美しい。選手はユニホームを着てプレーする立場だ。今日は急いで来て汗をかいたが、ユニホームを着るとすぐに汗が乾いた。通気性が本当に良いようだ。ドライフィット技術で動きやすい」とし「ユニホームを着てファンの前でプレーしたい。Aマッチ2連戦にゴールを決めることができれば虎のエンブレムにキスをしたい」と語った。代表MF権昶勲(クォン・チャンフン、金泉尚武)も「太極マークを付けてからユニホームが3、4回変わったが、今回のユニホームは本当に軽くて着心地がよい」と話した。

グローバルスポーツメディアESPNはカタールW杯のナイキの各国代表ユニホームを「ヒット」と「ミス」で評価しながら、韓国とポルトガルを「ヒット」に分類した。SBネーションはカタールW杯の各国ユニホームをS、A、B、C、D、E、Fティアに分類し、韓国をCティアに選んだ。遠征ユニホームは複雑だとして酷評した。

一方、折り紙パターンの日本、古代文明アステカ文明を表したメキシコなどをSティアに選んだ。リオネル・メッシが着るアルゼンチンの遠征ユニホームは紫色だが、アディダスが性平等を象徴する紫を選択した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>韓国、カタールW杯控え新代表ユニホーム公開、黄喜燦「鬼、鎧のイメージ」

    2022.09.19 15:50
    뉴스 메뉴 보기
    サッカー韓国代表チームの新しいユニホームを着た趙圭誠(チョ・ギュソン)、池笑然(チ・ソヨン)、黄喜燦(ファン・ヒチャン)、権昶勲(クォン・チャンフン)、キム・ヘリ(左から)。 写真=ナイキコリア
    TOP