주요 기사 바로가기

BTS、4年連続で「今年のグループ」…BLACKPINKのリサ「ベストK-POP」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.30 08:51
0
BTS(防弾少年団)が「2022MTVビデオ・ミュージック・アワード」(VMA)授賞式で4年連続「今年のグループ」に選ばれた。 BLACKPINK(ブラックピンク)はK-POPガールズグループで初めて授賞式の舞台に上がり、「ベスト・メタバース・パフォーマンス」など2部門で受賞した。

28日午後(現地時間)、米ニュージャージー州ニューアークにあるプルデンシャル・センターで開かれた授賞式で、BTSは4回目の「今年のグループ」のトロフィーを獲得した。2019年から4年連続の受賞であり、昨年に続いてともにノミネートされたBLACKPINKをはじめ、イマジンドラゴンズ、シルクソニックなどを抜いた受賞だ。昨年『Butter』の活動で計7部門にノミネートされ、3部門受賞などの記録を塗り替えたBTSは今年も6部門にノミネートされ、「今年のグループ」を受賞して受賞リレーを続けた。ただ、昨年と違って今年は別途の受賞感想を明らかにしなかった。

VMAはグラミー賞授賞式、ビルボード・ミュージック・アワード(BMA)、アメリカン・ミュージック・アワード(AMA)とともに米国4大大衆音楽授賞式と呼ばれる。今年「ベストK-POP」「ベスト・メタバース・パフォーマンス」「今年のグループ」の3部門にBTSとともにノミネートされたBLACKPINKは「今年のグループ」を除いた2部門のトロフィーを手に入れた。2020年『How you like that』で「ソング・オブ・サマー」賞を受賞して以来2年ぶりの受賞だ。

BLACKPINKはPUBGモバイルゲームの中の公演「THE VIRTUAL」で「ベスト・メタバース・パフォーマンス」賞を受賞し、BLACKPINKのメンバーのリサが昨年9月にリリースしたソロ曲『LALISA』で「ベストK-POP」のトロフィーを獲得した。K-POPのソロ歌手がVMA賞を受賞したのも初めてだ。

舞台に上がってトロフィーを受けたリサは英語で「とても幸せだ。ソロプロジェクトに参加してくれたテディさん、YG、そして最も大切なBLINKに感謝する」と話した後、一緒に授賞式に参加したBLACKPINKのメンバーたちを振り返り韓国語で「いつも応援してくれてありがとう」と語った。

BLACKPINKはこの日、K-POPガールズグループで初めてVMA舞台に上がり、19日に公開した2ndアルバムの先行公開曲『Pink Venom』を披露した。『Pink Venom』は琴の音で始まるヒップホップ風の曲で、ミュージックビデオ公開後、Kポップガールズグループの中で最も早い時間(29時間35分)内に再生回数1億回を達成、K-POP女性グループ初のスポーティパイグローバル1位などの記録に続き、2ndアルバムの先行注文量200万枚を超えるなど大きな人気を得ている。

米国ビルボード誌はVMA舞台の中でBLACKPINKの公演を2位に挙げ、「ピンク色の煙が舞台に流れ、BLACKPINKが炎のようなボーカル、鋭い振り付けとともに登場した」として「彼らのVMA初舞台であり、米国音楽授賞式の初舞台だったが、今後このような舞台がさらにあるだろう」と見通した。ローリングストーン誌は「BLACKPINKが爆発的な『Pink Venom』のパフォーマンスで歴史を書いた」と評価した。

この日の授賞式で「ベストK-POPニュー・アーティスト」「今年のPUSHパフォーマンス」「ベストK-POP」3部門にノミネートされたボーイズグループSEVENTEENは「今年のPUSHパフォーマンス」で初のVMA賞を受賞した。

VMAの主要部門賞の中で「今年のアーティスト」はバッド・バーニー、「ソング・オブ・ザ・イヤー」はビリー・アイリッシュの『Happier Than Ever』が受賞した。バッド・バニーは非英語圏アーティストとしては初めて「今年のアーティスト」賞を受賞して注目を集めた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    BTS、4年連続で「今年のグループ」…BLACKPINKのリサ「ベストK-POP」

    2022.08.30 08:51
    뉴스 메뉴 보기
    BTSが4年連続でMTVビデオ・ミュージック・アワードの「今年のグループ」に選ばれた。[写真 BigHitMusic]
    TOP