주요 기사 바로가기

ヒョンデ、10大自動車メーカーのうち5番目に気候変動危機に脆弱…日本メーカー3社が1~3位

ⓒ 中央日報日本語版2022.08.26 14:05
0
世界の主要自動車メーカーのうちトヨタなど日本勢が洪水・台風など気候変動関連のリスクに最も多くさらされている一方、ヒョンデ(現代自動車)は露出程度が中間水準という分析評価が発表された。

25日(現地時間)、ブルームバーグ通信によると、国際環境団体「グリーンピース」はムーディーズESGソリューションのデータを基に火災・洪水・台風など気候変動によって完成車生産業者が受けるかもしれない被害と操業中断の程度を分析した。

その結果、ヒョンデは66点(100点満点)で主要完成メーカー10社のうち5番目にリスクが高いことが分かった。また、トヨタ(85点)、ホンダ(77点)、日産(75点)など日本メーカー3社が並んでリスク1~3位に入った。

グリーンピースはこれらメーカーの工場がある位置を根拠に今後数年間に台風や洪水、異常高温、水不足などの重大問題に直面することになると見通した。特にトヨタの生産現場のうち90%以上が1つ以上の気候変動リスクにさらされていると評価した。

グリーンピースはトヨタが施設と関連した気候変動リスクを公示するのを敬遠しているとし、CFP(カーボンフットプリント、企業活動で発生する炭素総量)を減らすためにさらに積極的に取り組むべきだと勧告した。

日本3社の次に米国のゼネラルモーターズ(GM)が72点で4位、フォードが55点で6位をそれぞれ占めた。メルセデスベンツ(36点)やステランティス(35点)、ルノー(23点)、フォルクスワーゲン(16点)など欧州勢は7~10位に、気候変動関連のリスクに対して相対的に安全と評価された。

一方、今回の結果に対してトヨタは自然災害に強いサプライチェーン(供給網)の構築、炭素排出量公示などに取り組んできており、水供給確保措置も講じているとし、今回の研究結果に反論した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ヒョンデ、10大自動車メーカーのうち5番目に気候変動危機に脆弱…日本メーカー3社が1~3位

    2022.08.26 14:05
    뉴스 메뉴 보기
    ヒョンデ「アイオニック6」
    TOP