주요 기사 바로가기

日産28%減、トヨタ15%減なのに…ヒョンデは米国販売3.7%減と健闘

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.04.04 06:47
0
車載用半導体需給難が続く状況でもヒョンデ(現代自動車)グループが海外市場で健闘している。エコカー販売台数が大幅増加したためだ。

ヒョンデの企業説明(IR)ウェブサイトによると、ヒョンデ米国販売法人(HMA)は1-3月期に小売市場で15万9676台の新車を販売した。ヒョンデが1986年に米国法人を設立してから四半期基準で最も多い小売り販売台数だ。「ツーソン」が3万9655台で最も多く売れ、「サンタフェ」が2万5582台、「アバンテ」が2万2072台と続いた。

起亜(キア)米国販売法人も同じ期間にヒョンデに次ぐ15万1194台を販売した。「K3」が2万3498台、「テルライド」が2万2076台、「ソレント」が1万7923台など人気を呼んだ。

ジェネシスもやはり1万1723台が売れ四半期基準で過去最多販売台数を更新した。前年同期比42.6%増加し、「GV70」が4114台、「GV80」が3259台などスポーツ多目的車(SUV)の人気が高かった。大徳(テドク)大学自動車学科のイ・ホグン教授は「昨年米ゴルフ選手タイガー・ウッズがジェネシスGV80に乗り大型事故を起こしたが相対的に軽微な負傷で外信の注目を浴びた。ジェネシスの安全性を米国の消費者が信頼した契機だった」と説明した。

エコカー販売台数の増加も実績善戦に寄与した。6244台が売れた電気自動車「アイオニック5」を前面に出したヒョンデは、米国市場で2万5790台のエコカーを売り前年同期比197.8%増加した。同じ期間に起亜のエコカー販売台数は1万8549台で238.7%増えた。特に「EV6」は3月だけで3156台が売れた。

ただ1-3月期の米国市場総販売台数は前年同期比でやや減少した。HMAのランディ・パーカー首席副社長は「法人やレンタカーなどフリート販売実績が減り1-3月期の総販売台数は3.7%減少した。在庫不足が続いたが、消費者のニーズに合わせて小売市場でのシェアを引き上げた」と説明した。

ヒョンデグループの米国販売実績は競合会社と比較するとさらに際立って見える。これまでに米国市場で1-3月期の販売実績を公開している企業では、日産三菱が27.5%減、ホンダが23.2%減、GMが20.4%減と販売台数が20%以上減り、トヨタは14.7%減、ステランティスは13.6%減など10%以上販売台数が減少した状態だ。ブルームバーグが市場調査機関8社の見通しを分析した結果によると、1-3月期の米国新車販売は1320万台で前年同期比26%減少したと推定される。ヒョンデ・起亜はトヨタ、GM、フォードに次いで5位を記録するものとみられる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日産28%減、トヨタ15%減なのに…ヒョンデは米国販売3.7%減と健闘

    2022.04.04 06:47
    뉴스 메뉴 보기
    ヒョンデ「アイオニック5」。[写真 ヒョンデ米国販売法人]
    TOP