주요 기사 바로가기

「独立英雄、最後まで記憶します」 独立運動家17人、合同埋葬…建国以来最大規模

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.15 13:04
0
中国・太行山での戦闘で戦死したキム・ユシン志士、中国山西省泰元地区で地下工作中に日本軍に逮捕されて殉国したキム・チャンウォン志士、中国山西省雲城で工作活動中に日本軍に逮捕され殉国したイ・ヘスン志士…。

1945年の光復(解放)から77年間、国立墓地に埋葬されずにいた光復軍の17烈士の遺骨が光復節を翌日に控えた14日、国立大田顕忠院(テジョン・ヒョンチュンウォン)に埋葬された。17人の独立運動家合同埋葬は建国以来最大規模だ。

国を失った20~30代の青年だった光復軍は、中国で日本軍と戦って散華したり、秘密工作活動中に逮捕されて殉国した。光復軍の同志が遺体を回収して国内に奉還したが、子孫が見つからずに合同埋葬して以来、55年ぶりに国立墓地に永眠することになった。

同日午前、遺骨が臨時埋葬された国立ソウル顕忠院(ヒョンチュンウォン)で、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が出席した中、遺骨奉送式が行われた。11日にソウル江北区水踰里(カンブクグ・スユリ)の光復軍合同墓地から遺骨を回収するなど改葬の手続きを始めてから3日後に行われた。その後、ソウル顕忠院では2日間焼香所を開き、国民追悼期間を持った。

光復軍の17烈士に献花・焼香した尹大統領は追悼の辞で「今日、我々が存分に享受している自由は日帝強占期の暗鬱な現実と絶望の中でも、ひたすら自由と祖国の独立のために自身の命を投げうった方々の犠牲の上に立っている」と述べた。

尹大統領は続いて17名の烈士の名前を1人ずつ読み上げ、「祖国の独立のために名も残さず倒れていった英雄たちを我々が最後まで記憶しなければならない」とし、「政府は国家と国民のために犠牲になって献身された方々を、責任を持って礼遇することを少しも疎かにしないようにする」と約束した。

光復軍の烈士は殉国当時、大半が未婚の青年だった。

中国で抗日闘争中に戦死したり、敵後方の工作活動中に逮捕され、厳しい拷問の末に死亡したり、処刑される場合が多かった。

遺骨は光復軍総司令官を務めたチ・チョンチョン将軍と息子のチ・ダルス志士(光復軍2支隊幹部)が光復翌年の1946年に入国した際に一緒に戻った。水瑠璃合同墓地ができるまでは安置に適した場所がなく、ソウル曹渓寺に遺骨を祀った。水踰里合同墓地には、子孫が見つからず、国内で亡くなった光復軍4人も埋葬された。

報勲処と光復軍記念事業会は、埋葬式を控え、子孫を探すために方々を探した。その結果、ペク・ジョンヒョン志士の甥ペク・ゴンス氏、イ・ドスン志士の孫キム・デジン氏、イ・ハンギ志士のひ孫イ・セフン氏をこの日の行事に招待することができた。

光復軍17志士の遺骨は同日午前11時ごろ、ソウル顕忠院を出発した。警察の護衛を受け、17台の英顕奉送車が順番に大田(テジョン)顕忠院入りしたのは午後1時40分頃だった。遺骨は大田顕忠院第7区域の「水踰里韓国光復軍合同墓地」に個別に埋葬された。

今回の安葬式は前例がないほど迅速に行われた。1967年に水踰里合同墓地を造成した韓国光復軍同志会の後身に当たる韓国光復軍記念事業会が5月26日、政府に改葬を提案してから2カ月半で実現した。当初、政府当局が水踰里合同墓地に安置された遺骨の実態を公式に確認したことがなく、17名に含まれるハン・フィ志士の場合、国立墓地の埋葬に必要な叙勲がなく、77周年光復節(解放記念日)に合わせて合同で改葬するのは困難に見えた。しかし、政府がハン志士の叙勲審査などに早期決着をつけ、問題が解決した。尹大統領は同日の奉送式で、ハン志士に建国勲章愛族章を追叙した。

尹大統領は就任後初の光復節を控えたこの日、光復軍17烈士の遺骨奉送式後、光復軍のキム・チョンソン志士、イ・ジェヒョン志士の墓に相次いで参拝した。朴敏植(パク・ミンシク)国家報勲処長が「(イ・ジェヒョン志士は)きょうの行事で出た独立記念歌を作った」と説明すると、尹大統領は「部隊歌を作詞なさったのですね」と言って碑石の下に書かれた『光復軍第2支隊歌』をじっくり読んだ。

尹大統領は光復軍出身のキム・ヨングァン志士(97)のソウル松坡区(ソンパグ)の自宅も訪問した。1944年に日本軍に徴集されたが脱出したキム志士は、中国中央軍第3戦区忠義救国軍総指揮部を経て光復軍に入隊し、独立運動を行った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「独立英雄、最後まで記憶します」 独立運動家17人、合同埋葬…建国以来最大規模

    2022.08.15 13:04
    뉴스 메뉴 보기
    尹錫悦大統領が14日、韓国光復軍の先烈合同奉送式に出席する前、ソウル銅雀区の国立ソウル顕忠院独立有功者墓地を訪れ、故キム・チョンソン愛国志士の墓に献花している。[写真 大統領室]
    TOP