주요 기사 바로가기

バッテリー・電気自動車先端技術が入った「フォーミュラEソウルE-プリ」スタート…サムスン・ABB・東レも参加

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.13 13:42
0
世界最高の電気自動車レース「フォーミュラEソウルE-プリ(E-Prix)」が13-14日、ソウル蚕室(チャムシル)総合運動場を中心に開催される。韓国で国際自動車連盟(FIA)主催のチャンピオンシップレースが行われるのは、2010-13年に全羅南道霊岩(ヨンアム)で開催されたフォーミュラワン(F1)コリアグランプリ以来9年ぶりとなる。

FIAは主催する大会のうち該当種目の最高等級の大会に限り「チャンピオンシップ」という名称を付ける。内燃機関のエンジンを使用する最高等級のレーシング大会がF1であり、電気自動車レースの最高峰がフォーミュラEだ。初のソウルE-プリは2020年5月に予定されていたが、新型コロナ感染拡大のため開催できなかった。2021年も同じ理由で不発となった。ソウルは「二転三起」の末、スタートラインに立つことになった。

◆電気自動車部品の広報で場外競争も

今回の行事ではサムスンをはじめ、東レ先端素材、ABBなど電気自動車に関連する先端素材を供給する企業が広報館を設置し、場外競争も激しくなった。サムスンの広報館にはサムスン電子とサムスンディスプレイ、三星電機、サムスンSDIなど電気自動車の電装関連事業を担う系列会社4社が参加した。次世代電気自動車に入る核心半導体と先進運転支援システム(ADAS)、ディスプレーなどが展示された。米ニューヨークを仮想空間として、自動運転機能を利用して車内でテレビ会議や飲み物注文を経験する空間も準備された。

サムスンSDIの製品が入ったバッテリーはフォーミュラEでも関心を集めた。円筒形規格のバッテリー製品21700は米国の高価電気自動車企業ルーシッドを通じて今回のレースの電気自動車「Gen2」に搭載された。レーシングカー全体の重さ900キロのうち385キロがバッテリーと関連している。Gen2は停止状態から時速100キロに到達する時間が2.8秒であり、最高速度は時速280キロ。レース中にはバッテリーを交換することができない。曲線コースで遠く回る特定区間を通過すれば追加出力を得て他の車を追い越すことができるが、F1には見られない電気自動車レースの技術であり、フォーミュラEの見どころになった。

現在、完全充電時に620キロを走行するサムスンSDIの電気自動車用バッテリー技術は、2023年には走行距離700キロ、10分間で80%の充電が可能なモデルが登場する予定だ。サムスンSDIはこの日、リチウムイオンバッテリーの限界を克服する全固体電池の開発過程も現場で紹介した。東レ先端素材はレース用電気自動車に入る炭素繊維を広報館に陳列した。軽くて丈夫な素材で、水素自動車用の圧力容器にも使用できる。東レは耐熱性を備えたプラスチック素材を電気自動車部品にも拡大している。

◆ロボット会社ABBも電気自動車充電事業に進出

フォーミュラEの核心スポンサーのABBは産業用ロボットと電気自動車充電施設を行事場所に展示した。スイスに本社があるABBは1988年に電子装備会社としてスタートし、自動化ロボット設備に事業領域を拡張している。昨年の売上高は289億ドル(約37兆6220億ウォン)で、2010年から電気自動車充電市場にも進出し、欧州と米国、南米に輸出している。

フォーミュラEはエコ技術大会でもある。国際スポーツ大会で初めて「ネットゼロ(温室効果化ガス実質ゼロ)」を達成し、破損した車両の残骸や使用タイヤなどはすべてリサイクルされる。F1のような媒煙や騒音も経験できない。スポンサーのDHL・アリアンツ・ボッシュなど多国籍企業も事前行事で社内の電気自動車活用度を知らせるなど環境面を強調した。

フォーミュラEのジェイミー・リーグル最高経営責任者(CEO)は「スピードに環境まで考えるフォーミュラEが未来を象徴するソウルに来ることになった」とし「K-POPや先端技術の活用度を見ると、ロンドン・ニューヨーク・ロンドン・ベルリン・ローマなど以前に開催された都市と比べても引けを取らない」と述べた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    バッテリー・電気自動車先端技術が入った「フォーミュラEソウルE-プリ」スタート…サムスン・ABB・東レも参加

    2022.08.13 13:42
    뉴스 메뉴 보기
    11日、ソウル松坡区蚕室オリンピック主競技場一帯で開催される「2022ハナ銀行ソウルE-Prix」大会を控え、レースに参加する電気自動車モデルが展示されている。 キム・ギョンロク記者
    TOP