주요 기사 바로가기

「電気自動車のF1」、今週末ソウル蚕室を走る=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.08 10:31
0
世界最高のカーレーシング大会フォーミュラ1(F1)の電気自動車バージョン「フォーミュラE」が13日と14日にソウル蚕室(チャムシル)一帯で開かれる。フォーミュラEはF1を主催する国際自動車連盟(FIA)が電気自動車マシン(レース専用車)を利用して開催するレーシング大会。

韓国大会は今回が初めてで、蚕室総合運動場一帯に造成中の2.618キロのサーキットで行われる。大会名称は「2022ハナ銀行ソウルE-プリ(E-Prix)」。2020年に開催される予定だったが、新型コロナパンデミックのため2年遅れた。

F1は最高の興行能力を誇るスポーツイベントだが、高性能マシンによる轟音と温室効果ガスが悩みだ。環境汚染という声が高まると、FIAが代案として提示したのがフォーミュラEだった。2014年に始まり、現在8年目のシーズンを迎えている。専用サーキットを建設して開催するF1とは違い、都心の道路の一部を変形してレースをする。騒音と炭素排出を大幅に減らしたフォーミュラEの長所を広く広報するための選択だ。

フォーミュラEマシンはエンジンの代わりに電気モーターを使用するため、騒音がほとんど発生しない。「ネットゼロ(炭素排出量ゼロ)」認証を受けたエコスポーツでもある。

E-プリ2021-22シーズンはサウジアラビアのディルイーヤで開幕した。メキシコシティ(メキシコ)、ローマ(イタリア)、モナコ(フランス)、ベルリン(ドイツ)、ジャカルタ(インドネシア)、マラケシ(モロッコ)、ニューヨーク(米国)、ロンドン(英国)を経てソウル(大韓民国)まで世界10都市で開催される。ソウルは今季の優勝者と優勝チームを決める最後の2レース、第15、第16ラウンドの開催地だ。

第16ラウンドはフォーミュラEの通算100回目のレースであり、歴史的な意味もある。ジャガー、メルセデスベンツ、日産、ポルシェなどグローバル自動車メーカーを含め、11チーム・22人のレーサーが競争する。これまでの成績の結果、メルセデス-EQ所属のストフェル・バンドーン (30、ベルギー)が今季185ポイントで9部稜線を越えた。チーム順位でもメルセデス-EQが291点で優勝が有力だ。

ソウルE-プリは全世界197カ国で生中継され、3億3000万人の視聴者が観戦する予定だ。現代経済研究院の資料によると、大会開催による経済効果は最少520億ウォン(約54億円)から最大1300億ウォン。

自動車メーカーが個別にマシンを製造するF1とは違い、フォーミュラEはすべてのチームが公式レースカーモデル(GEN2)を使用する。GEN2は最大出力250kW、最高時速280キロを誇る「道路上の怪物」だ。停止状態から時速100キロに到達する時間が2.8秒にすぎないほど加速性能が優れ、「スタート」というよりも「発射」に近い印象を与える。車両性能が同じであるため、ドライバーの実力が順位争いの核心要素となる。レース途中にバッテリーを再充電したり取り替えたりできないため、適切なタイミングに加速・減速して電力を管理する戦略が必要だ。

フォーミュラEのジェイミー・リーグル最高経営責任者(CEO)は「世界的に有名なソウル江南(カンナム)の真ん中でレーシングが開催されるため、4億人にのぼる世界フォーミュラEファンに特別な経験になると期待する」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「電気自動車のF1」、今週末ソウル蚕室を走る=韓国

    2022.08.08 10:31
    뉴스 메뉴 보기
    世界最大電気自動車カーレース、フォーミュラEワールドチャンピオンシップが13、14日にソウル蚕室(チャムシル)総合競技場で開催される。 [写真=フォーミュラEコリア]
    TOP