주요 기사 바로가기

中国のミサイル5発、日本の海域に落下…「非常に威圧的な訓練」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.05 06:40
0
中国が台湾海峡で軍事訓練の一環として発射した弾道ミサイル5発が4日、日本の排他的経済水域(EEZ)の内部に落ちた。日本は直ちに外交ルートを通じて抗議して中国に直ちに軍事訓練を中断するよう求めた。

共同通信やテレビ朝日など日本メディアによると、この日夕方、岸信夫防衛相は緊急記者会見を行い、中国の弾道ミサイル5発が日本のEEZ内に落下したと明らかにした。中国が発射した弾道ミサイルが日本の水域に落ちたのは今回が初めてだ。岸防衛相は中国軍がこの日午後3時ごろから午後4時半まで計9発の弾道ミサイルを発射し、このうち5発が日本水域に落下したと説明した。

この日、中国は米国のナンシー・ペロシ下院議長の台湾訪問に抗議する次元で台湾海峡で軍事訓練を始めた。共同通信は軍事訓練の一環として中国軍が撃った弾道ミサイルのうち5発が沖縄県波照間島の西南に中国が設定した訓練海域内と見えるところに落下したと伝えた。

岸防衛相は会見で「日本の安全保障や国民の安全に関わる重大な問題」としながら外交ルートを通じて強く抗議したと明らかにした。あわせて中国のミサイルが日本海域に落下したのは初めてのことで「非常に威圧的な訓練」としながらより強力に非難した。

この日夕方、森健良外務次官も台湾海峡で実施された中国の軍事訓練で5発の弾道ミサイルが日本水域に落ちた事実を知らせた。森次官は中国の孔鉉佑駐日大使に電話で抗議し、中国の行動を非難したと説明した。日本政府は中国の今回の軍事訓練に対する即刻中断も要求した。

一方、ペロシ議長はこの日夜に日本に到着し、5日に岸田文雄首相と会談を行うと伝えられた。日本経済新聞は「(ペロシ議長は)5日に岸田文雄首相を表敬訪問する」とし「日米関係に加え、台湾や北朝鮮をめぐる動向などを意見交換するとみられる」と伝えた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国のミサイル5発、日本の海域に落下…「非常に威圧的な訓練」

    2022.08.05 06:40
    뉴스 메뉴 보기
    中国人民解放軍が4日、台湾海峡に向かって長距離ロケット砲を撃っている。[写真 中国東部戦区の微博]
    TOP