주요 기사 바로가기

「ペロシ氏の台湾行き」になぜ緊張? 中国を騒然とさせた31年前の「天安門追撃戦」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.02 07:17
0
米国のナンシー・ペロシ下院議長(82)がジョー・バイデン大統領の引き止めにもかかわらずアジア歴訪を開始した。先月30日カリフォルニア州を出発したペロシ氏はハワイを経由して1日未明にシンガポールに到着した。ワシントン・ポスト(WP)外交・安保コラムニストのジョシュ・ロギン氏はペロシ氏がマレーシア訪問を終えた後の2日夜か3日午前に台湾を訪問する可能性があるとツイッターを通じて明らかにした。

ペロシ氏が台湾訪問を推進するというフィナンシャル・タイムズ(FT)の報道が先月19日に初めて出てきた後、バイデン大統領は「軍は良い考えだと思っていないようだ」として公開的に反対した。先月28日、バイデン大統領が中国の習近平国家主席と2時間17分間の電話会談に臨んだとき習主席はバイデン大統領に「火遊びをすれば焼け死ぬ」と警告したという。ペロシ氏の台湾訪問を狙った発言と解釈されている。2日後、ペロシ氏は台湾行きについて公式化しないままアジア歴訪を開始した。これに先立ち今年4月に台湾訪問を推進したときはペロシ氏が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)に感染して日程が取りやめになっていた。

最近10日間、ワシントンではペロシ氏がどのような選択をするのか注目してきた。一般的にペロシ氏には3つの選択肢があるとみられていた。

(1)アジア歴訪の日程全体を取りやめるか、または延期 (2)アジア歴訪は進めるものの台湾を除外する (3)訪台まで貫徹する--などだ。

可能性が高いわけではないがペロシ氏が米中間の緊張が高まることを避けるためにアジア歴訪日程を遅らせるか取りやめにするという見通しもなかったわけではない。だが、電光石火の行動で(1)の選択肢はすぐに消えた。問題は(2)にしろ(3)にしろ、米国の政治・外交的な負担が大きいという事実だ。

中国側がペロシ氏が乗った飛行機の「撃墜」を主張したり、(胡錫進・環球時報元編集者)、「中国軍は決して座視しない」「明らかに強力な措置を取る」(中国国防部報道官)など連日強硬発言を繰り返していた理由はペロシ氏が持つ象徴性のためだ。米国下院議長は大統領不在時、副大統領に次ぐ権力継承序列第2位だ。

だが、中国がペロシ氏を忌避するのはもっと深層に根付く、不愉快に思う内心のためだ。ペロシ氏に対する中国の旧怨は1991年に遡る。

当時下院議員4年目だったペロシ氏は超党派的議員訪問団の一員として北京を訪問した。当時ペロシ氏は中国政府の許可なく、同僚議員および米国記者とホテルをこっそりと抜け出して天安門広場に走って行って小さなプラカードを取り出して広げた。

そこには「中国の民主主義のために命を捧げた人々に」と記されていた。2年前の1989年、この広場で起きた反政府デモを流血鎮圧した「天安門事態」当時に亡くなった学生と市民を追悼する突発行動だった。

瞬時に警察が取り囲み、追撃選が始まった。ペロシ氏は後日、米地域新聞SFGATEのインタビューで「私は走って逃げた」としながら「同僚議員は若干暴力を振るわれたりもした。カメラを持っていた記者はもっと悪い待遇を受け、拘禁されたりもした」と回想した。

当時現場にいたCNNのマイク・チノイ特派員はペロシ氏はタクシーに乗って現場を離れ、記者は警察に逮捕されて数時間にわたり拘禁されたと回想した。

中国の人権と民主化運動を支持するペロシ氏を北京は長く「ペルソナ・ノン・グラータ(persona non grata・外交的忌避人物)」と認識していると米政治専門メディア「Politico(ポリティコ)」は伝えた。

ペロシ氏がチベットの霊的指導者ダライ・ラマと親しく交流してチベット人の権利を強力に支持している立場も中国は面白くない。ペロシ氏は2015年中国政府許可を受け、ものものしい警備の中で西蔵自治区(チベット)首都ラサを訪問したとWPは伝えた。

ペロシ氏は先週Politicoのインタビューで、米国外交政策で自身が持っている目標は安保、経済的利益、「私たちの価値観尊重」の3つだと述べた。

ペロシ氏は「もし商業的利益のせいに中国の人権を擁護できないなら、いかなる状況でも、それを代弁できるすべての道徳的権威を失うことになる」とも述べた。 「ペロシ氏の台湾行き」になぜ緊張? 中国を騒然とさせた31年前の「天安門追撃戦」(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「ペロシ氏の台湾行き」になぜ緊張? 中国を騒然とさせた31年前の「天安門追撃戦」(1)

    2022.08.02 07:17
    뉴스 메뉴 보기
    ナンシー・ペロシ米国下院議員が1991年、中国北京天安門広場で「中国の民主主義のために命を捧げた人たちに」と書かれたプラカードを取り出している。[写真 米国下院議長室]
    TOP