주요 기사 바로가기

「中国、ペロシ氏の台湾訪問を逆攻勢の口実にする可能性」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.04 06:53
0
ペロシ米下院議長の台湾訪問が米中関係を荒波に落とし入れ台湾を長期的苦痛に追いやりかねないとの指摘が出た。

ワシントン・ポストの外交安保分野コラムニスト、ジョシュ・ロギン氏は2日、「台湾の本当の危機はペロシ氏帰国後に始まる」と題したコラムで、「ペロシ氏の台湾訪問の影響はペロシ氏が帰ってから数週間、数カ月、数年にわたり押し寄せるだろう。中国の指導者は当面は台湾での軍事的衝突を避けるために努めるだろうが、米中関係を永遠に変え台湾を苦痛にさせる段階的対応に突入するだろう」と予想した。

ロギン氏は、中国がペロシ議長の台湾訪問を理由に台湾海峡で中国の軍事的優位を拡大するだろうと分析した。彼は米政権官僚の発言として「中国は台湾を害することができる非常に広範囲な手段を持っている。過去数年間中国は敵のミスを見つければ逆攻勢の口実としてきたが、今回の事件もやはりそのように活用する可能性が大きい」と伝えた。

これまでバイデン米政権が継続して取り上げてきた米中関係のガードレール(両国の衝突を防止するための限界線)構築もやはりペロシ議長の台湾訪問で成功の可能性が低くなったと伝えた。

今回の台湾訪問を1995年7月の第3次台湾海峡危機と比較することもした。当時台湾の李登輝総統が母校である米コーネル大学で講演するため米政府に申請したビザが発給されると、これに激怒した中国が台湾海峡でミサイルを試験発射し危機を触発した。ロギン氏は「この事件以降米国は中国の歴史上最も大きな軍事力増強を目撃しなければならなかった。即時的危機は避けたが、米中の戦略ゲームの構図が完全に変わる契機になった」と説明した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「中国、ペロシ氏の台湾訪問を逆攻勢の口実にする可能性」

    2022.08.04 06:53
    뉴스 메뉴 보기
    中国の国旗
    TOP