주요 기사 바로가기

「金メダルマシン」育てる中国…子どもは泣きながら鉄棒にぶら下がった

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.11 10:42
0
中国が東京五輪で金38個、銀32個、銅18個の合計88個のメダルを獲得し2位となる中、西欧では中国のスポーツ英才育成方式は「金メダルマシン育成」に近い児童虐待との指摘が出された。

英紙サンが11日に伝えたところによると、中国が五輪で良い成績を上げられたのは共産党が後援するスポーツ関係者らが競争を通じて見込みがある子どもたちを選抜し、彼らに無慈悲なトレーニングをさせたためだ。

◇4歳程度の有望株を狩るようにかき集める

同紙は、中国がスポーツの国民的人気を体制維持に活用する「ソ連式モデル」にルーツを置いていると分析した。中国は西欧諸国の不人気種目を中心にスポーツ英才を育成してきた。国が運営する2000以上のスポーツ学校で数万人の子どもが訓練を受けており、有望な子どもたちを狩りをするかのようにかき集めている。

有望株選抜時は腕立て伏せをはじめ持久力を確認するためのランニング、ベンチプレスなど子どもたちに簡単でないテストが行われる。それでも中国の親は政府の補助金の誘惑と子どもたちの未来を考え子どもの背を強く押している。中国のスポーツ関係者は「農村出身や経済状況が良くない家庭の子どもたちが厳しい訓練によく適応する」と明らかにした。

実際に4歳くらいの中国の子どもたちが涙を流して鉄棒をつかんでいたり、コーチの鞭を避けて訓練するスポーツ英才訓練の写真が公開され児童虐待議論が何回も起きたりした。子どもたちは訓練中に成果が良くなければ頭を下げて謝り、罰として残りの訓練を受けるという。

◇薬物強要疑惑「女性選手は引退後にひげ生える」

子どもたちはほとんどが親元を離れて寄宿舎生活をする。1年に1~2回家族に会うだけだ。毎日つらい訓練が終わった後は2段ベッドで横になる。成績を高めるために幼い時期から薬物を強要するという疑惑もある。同紙は「元国家代表女子重量上げ選手の場合、引退後にひげが生え続けた。薬物注入を強要したため」と説明した。

子どもたちは学ばなければならない年齢だが学問的な教えはほとんどない。十分な教育を受けられなかったためスポーツ分野で成功できなければその後の人生は難しくなるだろうと同紙は指摘した。

実際に今回の東京五輪飛び込み女子10m高飛び込みで金メダルを取った14歳の全紅嬋はメダル獲得後のインタビューで母国語である中国語も理解できない姿を見せ物議を醸したりもした。

◇中国「西欧の卑劣な攻撃、スポーツ精神にすぎない」

だが中国側は「金メダルマシンだけ育てる」という批判に対し、「西欧メディアの偏向的報道だ」と反論した。中国のグローバルタイムズは「金メダルを重要と考えない国はない。西欧の報道機関が中国選手の金メダルに二重にものさしを突きつけて卑劣な攻撃をしている」という北京大学の張頤武教授の意見を掲載した。

張教授は「中国選手らのスポーツ精神は非常に豊富なことをだれでもわかる。競技に集中した人ならば選手を『金メダルマシン』と見ることはできないだろう」と付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「金メダルマシン」育てる中国…子どもは泣きながら鉄棒にぶら下がった

    2021.08.11 10:42
    뉴스 메뉴 보기
    中国の国旗
    TOP